Faye Webster、ニューアルバム『Underdressed at the Symphony』を 3/1 リリース!

記事には広告を含む

Faye Webster、ニューアルバム『Underdressed at the Symphony』を 3/1 リリース!

米アトランタのシンガーソングライター Faye Webster、ニューアルバム『Underdressed at the Symphony』を Secretly Canadian から 3/1 リリース!ラッパーの Lil Yachty (リル・ヨッティ) をフィーチャーした「Lego Ring」のミュージックビデオを公開しました。Faye Webster のニュー・アルバムのタイトルは、アトランタ交響楽団のコンサート会場にいる観客に紛れて、時折自分を見失ってしまうという彼女の衝動にインスパイアされたものだ。仲間や気晴らしを求める一方で、賑やかな群衆の匿名性にも傾倒していたウェブスターは、可能な限りギリギリになってから公演チケットを購入することが多かった。

交響楽団に行くことは、私にとってほとんどセラピーのようなものでした。シンフォニーに行くのは、私にとってほとんどセラピーのようなものだった。自分の人生の中でクソみたいな時期だと感じていた時期を離れて、ちょっとだけ違う世界にいることができた。自分の居場所がないような気がして、それが好きだった。

ウェブスターを取り巻く世界はますます速く動いているかもしれないが、新たなファンや注目が殺到しているにもかかわらず、彼女は5枚目のアルバムでも、ほとんどありえないほど控えめなやり方でそれについて歌っている。実際、『Underdressed at the Symphony』で初めて彼女の歌声を聴いたとき、彼女は心地よさと警戒心の間の地図にない空間をナビゲートしていた。「Thinking About You」で彼女は、「あなたが私の頭を抱いている瞬間、私は眠っている。人間関係の解消を道徳劇にする代わりに、彼女は脳が自分自身と葛藤する孤独な瞬間を詳細に描写し、慌てることなく洞察力を自然に発揮させている。

Lil Yachty をフィーチャーした「Lego Ring」のMVを公開!

ウェブスターは、今ほど自分の肌に馴染んでいるときはない。それが、若手インディペンデント・アーティストの前衛に躍り出た彼女のユニークさを、さらに甘美なものにしている。ウェブスターはいつでも、ペダル・スティール・ギターとモダンなR&Bのプロダクションとソングライティングのテクニックを同時に取り入れた、カントリー調のインディー・ロックを作っている。

ウェブスターのソールドアウトが増えているコンサートでは、こうしたファンたちが、たとえ彼女がポケモンの主題歌を無鉄砲に演奏したとしても、一言一句一緒に口ずさんでいるのを目にすることも珍しくない。さらに面白いことに、ウェブスターはTikTokのアカウントすら持っていない。TikTok では、「Kingston」、「Right Side of My Neck」、「In a Good Way」、そして最近では「I Know You」など、彼女の楽曲のいくつかが流行した。

テキサス州にあるソニック・ランチ・スタジオで、彼女の長年のバンドと共にレコーディングされた『Underdressed at the Symphony』は、実験的で遊び心に溢れ、冒険心をくすぐる。ヴォコーダー、オーケストラ、不気味なハーモニーとシンセが、ウェブスターのこれまでの楽曲の広々としたクオリティを犠牲にすることなく登場し、歌詞のひとつひとつが、意味の層を増しながら表面化する。Matt “Pistol” Stoessel の弧を描くペダル・スティールが絶妙な煌めきを加え、Wilco のネルス・クラインは多くの曲で紛れもなくエモーショナルなフレットワークを披露している。

収録曲「Lifetime」のMV公開!

文字通りアメリカとメキシコの国境に身を隠すことで、ミュージシャンたちは孤立し、集中し、実験する空間を得た。ここに収録されている曲はすべてライヴ・ルーム録音で、いくつかの曲は1テイク目か2テイク目に収録されている。このように、これらの曲は人間の潜在意識への直通線と見ることができ、非常に特殊な瞬間から普遍的な経験を引き出すウェブスターの才能を示すものである。

「But Not Kiss」では、Nicholas Rosen の推進力のあるピアノと Bryan Howard の豪華なベースが飛び込んでくる前に、彼女の声が「あなたの腕の中で眠りたい…」と軽快に歌い、ウェブスターは残りの行を急いで書き出す。「キスはしない」恋愛における最も静かな瞬間を表すのに、これ以上の省略形があるだろうか?曲の残りの部分は、この最初の一行と呼応し、親密さの二面性を強調している。確かに、『Underdressed at the Symphony』は、古い日常の灰の中から新しい人生を創造し始めたらどうなるかを記録したものだ。この再生は、派手でも決定的でもなく、数週間、数ヶ月に散在する癒しの瞬間の連続である。

その新しい生活は、ウェブスターが1日の詳細を90秒という短い時間で駆け抜けるオートチューンの「Feeling Good Today」に記録されている。彼女は弟に会いに行く予定があり、給料をもらったばかりなので「たぶん何か馬鹿なものを買うだろう」とわかっている。

気晴らしのためにユーモアに頼ることもあると思う。でも、その多くは真実のようなものなの。たとえ私がそれを言っていたとしても、私は本当に面白いことをするつもりはない。純粋にそう感じているし、今日はいい気分よ。

収録曲「Feeling Good Today」のMV公開!

メランコリックなバックボーンを持つ軽快さの系統が、アトランタのマルチ・ハイフェネイト、Lil Yachty を唯一のゲスト・ヴォイスとしてフィーチャーした「Lego Ring」の原動力となっている。ウェブスターとヤッティーは中学時代からの友人で、それ以来親交を深めている。彼の亡霊のようなヴォーカルがウェブスターの歌声のすぐ下に浮遊し、低いベース音に揺れながら虚無感を突き刺す。このような音のコラボレーションは、生涯を通じてお互いを理解し、両アーティストが音楽業界に身を置く以前から緊密な絆で結ばれていることが前提となって成功するものだ。

このアルバムでは、曲作りの中で、私はただ、たくさんのことを言ったというような境地に達したと思う。このアルバムは、私にとっては口が裂けても言えない感じなんだけど、いつも深く語る必要はないんだ。ただ座って、私が本当に欲しいクリスタル・レゴでできた指輪について歌うことができるんだ。

『Underdressed at the Symphony』のミッション・ステートメントに相当する曲があるとすれば、それは「Lifetime」だろう。緑豊かなスロー・バーナーで、ウェブスターの空間とフレージングの見事な使い方が強調されている。巧みに配置されたスネアと柔らかなピアノのきらめきの中で、エピファニーがマントラとなり、彼女の声は軽快に消えていく。矛盾に満ちた “When I said I mean it / I didn’t really mean it?” (本心だと言ったとき/本心じゃなかった) ほど、愛の気まぐれを表現した曲はないだろう。

このアルバムの他の部分と同様、ウェブスターはここで答えを提示しているわけではないし、癒しとセルフケアの壮大な旅をしているわけでもない。その代わりに、彼女はただ生きることを選択し、傷心とばかげた瞬間を隣り合わせに記録し、それらが曖昧になり始めるまで、私たち全員が感じることができるほどリアルになることを選んでいるのだ。