Justin Timberlake、待望のニューアルバム『Everything I Thought It Was』をリリース!

2024.01.25

Justin Timberlake (ジャスティン・ティンバーレイク) が待望のニューアルバム『Everything I Thought It Was』を 3/15 リリース!先行シングル「Selfish」のミュージックビデオを公開しました。このMVは、ブラッドリー・J・カルダーが監督を務め、新曲は、Justin Timberlake が Louis Bell と Cirkut と共に共同プロデューサーを務めています。

収録曲「Drown」のリリックビデオを公開!

収録曲「No Angels」のMV公開!

『Everything I Thought It Was』ストリーミング

NPR Music の人気企画 Tiny Desk Concert に出演したライブ映像が公開!

Justin Timberlake が狭いステージに立つ少し前に会場に入った私は、彼のチームの誰かが、これは史上最も人口密度の高いタイニーデスク・コンサートになるのではないか、つまり、これまでで最も多くのミュージシャンが1つの枠に収まったコンサートになるのではないか、と声に出して考えているのを耳にした。そうではないが、これだけの人間(全部で15人)とこれだけの機材を詰め込む方法は滅多にない。

Justin Timberlake は決して部分的な努力をする人ではないが、これはこの機会にふさわしい作品だ。つまり、ニューアルバム『Everything I Thought It Was』のリリースと同時にドロップされるセットなのだ。2018年にリリースされた前作『Man of the Woods』のルーツ的な雰囲気を排し、新譜はスローバック、エピック、ブローアウトであり、この豪華なセットも同様だ。

バンド、テネシー・キッズをバックにした Justin Timberlake のタイニー・デスク・デビューは、2002年の名作『Justified』から2曲でスタートし、2006年の壮大な『FutureSex/LoveSounds』からさらに3曲を織り交ぜている。

ちなみに、タイニーデスクの裏方ミュージシャンの歴代最高記録はなんと23人で、これは2015年に素晴らしい Mucca Pazza が成し遂げた偉業である。しかし、Justin Timberlake とその仲間たちは、その古典的なパフォーマンスのエネルギーに匹敵する。どちらの場合も、真の勝利は、テトリス的なものではなく、多くの人々が今もなお、陽気に、そして1つの強大な生命体として動く方法を見出していることにある。

米のTV番組 Jimmy Kimmel Live に出演した「No Angels」のパフォーマンス映像が公開!

関連記事
イベント情報
  • Tones And I 来日公演

  • GIPSY KINGS (ジプシー・キングス) 来日公演

  • L'Rain (ロレイン) 初来日公演

  • 若き天才ピアニスト Tony Ann の初来日公演が決定!

  • Miles Kane (マイルズ・ケイン) 来日公演

  • Vegyn (ヴィーガン) 来日公演