Slowdive、待望のニューアルバム『everything is alive』をリリース!

2023.06.16

Slowdive

イギリスのオルタナティブロック・バンド、シューゲイザーの巨人 Slowdive (スロウダイヴ)、待望のニューアルバム『everything is alive』を Dead Oceans から 9/1 リリース!先行シングル「kisses」のミュージックビデオを公開しました。Slowdive の5枚目のアルバムには、慣れ親しんだ内的言語と新しい始まりの高揚感の二重性が含まれている。『everything is alive』は、トランスポーター的であり、探索的であり、輝きがあり、クラシックなバンドがその紛れもない声を未来に投げかけ続けている作品である。ヴォーカリストとギタリストの Rachel Goswell と Neil Halstead、ギタリストの Christian Savill、ベーシストの Nick Chaplin、そしてドラマーの Simon Scott が、その没入感と要素に満ちたサウンドの輪郭をさらに際立たせているのが、このアルバムである。

先行シングル「kisses」のMV公開!

収録曲「skin in the game」のビジュアライザーを公開!

この新譜は、Halstead がライター兼プロデューサーとして、自宅でデモを作るところから始まりました。モジュラーシンセの実験をしていた Halstead は、当初、『everything is alive』を「よりミニマルなエレクトロニック・レコード」と考えていた。Slowdive の集団的な意思決定は、最終的に彼らの特徴であるリバーブを効かせたギターの方に引き戻されたが、最初のコンセプトは作曲にも浸透していた。

収録曲「the slab」のビジュアライザーを公開!

バンドとして、全員が満足しているときは、より強い素材になる傾向がある。私たちはいつも微妙に異なる方向からやってきていて、ベストな部分は私たち全員が真ん中で出会うところなんです。 – Halstead

5人の個性的なキャラクターが収束することで、サウンドが出来上がった。

Slowdive は、まさにその部分の総和なのです。5人が部屋に集まれば、何か計り知れないものが起こる。 – Goswell

2020年4月に予定されていた『everything is alive』のスタジオセッションは当然ながら中止となり、6ヵ月後、彼らが歴史的にレコーディングを行ってきたコートヤード・スタジオでようやく顔を合わせたとき、その雰囲気は歓喜に満ちていました。オックスフォードシャーからリンカーンシャーのウォルズ、そして Halstead が所有するコーニッシュのスタジオに戻り、2022年2月、バンドはミキサーの Shawn Everett (The War On Drugs、SZA、Alvvays) を迎えて8曲中6曲をミックスしたのです。

収録曲「alife」のMV公開!

2023年の Slowdive には、彼らの深い歴史に起因する、家族的なエネルギーが感じられる。『everything is alive』は、2020年に亡くなった Goswell の母親と Scott の父親に捧げられている。「私たちの何人かは、個人的に深い転換がありました」と Goswell は言います。その岐路は、Slowdive の音楽が持つ幾重にも重なる感情のテノールに反映されている。『everything is alive』は経験で重くなっているが、それぞれの音は落ち着いていて、賢明で、必ずしも希望に満ちている。そのユニークな錬金術は、悲しみと感謝、地に足のついた感覚と高揚感の両方を微妙に体現しています。Slowdive の最もポップな瞬間ともいえる「kisses」を振り返って、Halstead は次のように語っています。

今、本当に暗いレコードを作るのは、正しいとは思えない。このアルバムは感情的に非常に多様で、でも希望が感じられるんだ。

Glastonbury 2023 に出演した新曲「Kisses」のライブ映像が公開!

『Everything is alive』は、まさにそのタイトルが示す通り、生命のきらめきとその中にある普遍的なタッチポイントを探求する作品です。サイケデリックなサウンドスケープ、脈打つ80年代のエレクトロニック要素、John Cale にインスパイアされた旅、このアルバムはすぐに未来のために作られたものだとわかる。それは、時が経つにつれて彼らのファン層がどんどん若くなり、前向きな音楽アーティストへの彼らの影響が広まり続けているからだ。

『everything is alive』ストリーミング

このジャンルは分裂しやすく、内省的であると思われがちだが、Slowdive はこのジャンルのマスターであることを証明するために、このジャンルの外側に押し出し、単調さを超えている。バンドのボーカル兼ギタリストである Goswell は、Drab Majesty の新しいEP『An Object In Motion』にもゲストボーカルとして参加しています。

Slowdive (スロウダイブ) の来日公演が2024年3月に決定!

Slowdive (スロウダイブ) 来日公演

tracklist:
1. shanty
2. prayer remembered
3. alife
4. andalucia plays
5. kisses
6. skin in the game
7. chained to a cloud
8. the slab

関連記事
イベント情報
  • Conan Gray (コナン・グレイ) 来日公演2024

  • VAULTBOY (ボルトボーイ) 初来日公演

  • Sammy Hagar (サミー・ヘイガー) 来日公演

  • While She Sleeps 来日公演

  • カナダの新星 Tate McRae (テイト・マクレー) の初来日公演が決定!

  • Porter Robinson SMILE! :D World Tour 日本公演