ベルギーのポストロック・バンド Amatorski、10年ぶりのアルバム『Curves and Bends, Things Veer』を 3/1 リリース!

記事には広告を含む

ベルギー・ヘント出身の哀愁漂うポストロック・バンド Amatorski、10年ぶりとなる待望のニューアルバム『Curves and Bends, Things Veer』を 3/1 リリース!先行シングル「Come to Dust」を公開しました。この曲は、著名なSF作家アーシュラ・K・ル=グウィンの詩にインスパイアされたもので、地球のプロセス/自然のサイクル、物質の変遷に関連している。そして、Donna Haraway の『Staying with the Trouble』の著作と共鳴した。

収録曲「20/04」のMV公開!

この曲は、気候変動に起因するような、あるいは戦争を通じて顕在化するような、集団的な闘争を扱うと同時に、継続的かつ継続的なメタモルフォーゼというテーマを掘り下げている。Amatorki は、ヴォーカリスト、ミュージシャン、作曲家、プロデューサーの Inne Eysermans のポップ・ビークルである。3月1日にリリースされる『Curves and Bends, Things Veer』は、彼女にとって久しぶりのニュー・アルバムであり、最高のソングライティング・スタイルで、相変わらず魅惑的なメロディーとサウンドスケープを創り上げている。