ロンドンのポストパンク・バンド TV Priest、2ndアルバム『My Other People』を 6/17 リリース!

2022.02.16

Photo by Hollie Fernando

ロンドンのポストパンク・バンド TV Priest、セカンドアルバム『My Other People』を Sub Pop から 6/17 リリース!先行シングル「One Easy Thing」を公開しました。TV Priest のボーカル Charlie Drinkwater が15世紀の騎士に扮し、戦いから帰宅した後、すぐに独りでダンス・マカブルを繰り広げます。ダークでコミカルな「One Easy Thing」のMVは、ジョー・ウィートリーが監督を務め、撮影監督のクリストフ・ブランドルが16mmのモノクロフィルムで撮影しました。Charlie Drinkwater はこの曲について以下のように語っています。

「One Easy Thing」を書くことは、私たちの曲作りにおいて、より直接的で個人的なアプローチを可能にする鍵となりました。この曲は、日常生活の些細なこと、つまり自分の頭の中にある不安やプレッシャー、戦いなどに対処すること、そしてそれを曲の中で表現することを恐れないことを意味しています。

セカンドシングル「Bury Me In My Shoes」のMV公開!

TV Priest は、自分たちがどうなっているかという残酷な評価がなければ、2枚目のアルバムを作ることはなかったかもしれない。ポスト・パンクの次の大物として期待された彼らは、政治的な怒りでムーブメントを起こすような、大胆で鋭いアウトフィットとして確立されていた。もちろん、それは真実であったが、その服装はすぐに着る人の肩に重くのしかかり、真の弱さの入り込む余地はほとんどなくなってしまった。ボーカルの Charlie Drinkwater は以下のように話す。

収録曲「It Was Beautiful」のMV公開!

多くの場合、私は本当に慎重で、少し距離を置いているように感じられた。私は、自分が担っている役割を十分に自覚していなかったのかもしれない。一歩下がって、自分たちが見せているものが、自分が抱いていたイメージとはかけ離れていることに気づかなければならなかったんだ。今は、ただ正直でありたいと思っています。

本作『My Other People』は、大地に根ざした強い情緒を保ち、身体的につながる機会を利用している。デビューアルバム『Uppers』の最後の曲である「Saintless」を出発点として、ボーカルの Drinkwater は、より深い個人の真実の感覚を表現するための歌詞を作り始め、音楽を器として、枯渇しつつある自分の精神状態についてバンドメンバーとコミュニケーションを取りました。

収録曲「Limehouse Cut」のMV公開!

率直に言うと、この曲は、私が特に調子が悪かったと言える時期に書かれたものなんだ。でも、このアルバムには僕らの最も希望に満ちた瞬間もあると思うんだ。少なくとも僕らにとっては、本当に美しいと感じられるものを作ることができると気付いた、僕ら全員にとってちょっとした瞬間だった。

ベーシスト/キーボードの Nic Bueth も同意以下のように同意する。

残忍さとフラストレーションはそのパズルの一部に過ぎず、当時は多くの人が断絶を感じていたにもかかわらず、圧倒的に美しいことが起こっていたのです。

人生の絶え間ない不確実性から生まれる実存的な恐怖と、今を掴みたいという肯定的でカタルシス溢れる衝動との間のこの緊張感が、『My Other People』の中心であり、認識のためのスペースを提供することによって癒すレコード、つまり、しばらく滞在することは歓迎されるが、最終的には上と外だけにつながるグラウンドゼロである。TV Priest にとって、このアルバムは、本当に、正しく彼らのものであると感じられるフォローアップであり、虚勢を張ったり、不必要に威張ったり、彼らのオリジナルのサウンドにのみコミットするようなオーディエンスのプレッシャーとは無縁である。

関連記事
イベント情報
  • Deafheaven (デフヘヴン)、5年ぶりの来日公演が7月に開催決定!

  • JOURNEY (ジャーニー) 来日公演

  • Candy Dulfer 来日公演「We Funk Harder Tour 2024」

  • JP Cooper 来日公演

  • ANNE-MARIE (アン・マリー) 来日公演

  • LANY 来日公演