Pussy Riot、ロシア国家のプロパガンダに対する声明と共に新曲「SWAN LAKE」を公開!

2023.11.01

ロシアのパンク・バンド Pussy Riot、ロシア国家のプロパガンダに対する声明と共に新曲「SWAN LAKE」を公開!バンドは、この曲のメッセージを次のように述べている。

ロシアの学校では「強制的な愛国主義」の授業が導入されている。教師たちは子供たちに、戦争への支持を示すためにZ隊形を組むことを強制している。ロシア全土で、子供たちは占領軍兵士に「支持の手紙」を書くことを強制されている。小学5年生のティモフェイは、ロシア軍に「外国で人を殺さずに帰ってきてほしい」と書いた。”兵士よ、人を殺してはいけない” という少年の作文に触発され、私たちは歌を作りました。

新しい歴史教科書はすでに高校生に配布されている。試験に合格し、証明書を手にするために、子どもたちはプロパガンダを暗記しなければならない。ウクライナで「ファシスト」と戦っているロシアの偉大さを語るのだ。小学6年生のマーシャ・モスカレワは、ロシアのウクライナ侵攻に反対する反戦の絵を描いた。彼女の独身の父親は「ロシア軍の信用を失墜させた」という理由で2年間刑務所に送られ、マーシャは孤児院に送られた。

ロシア国家のプロパガンダは、人々の心と脳を憎悪で毒する。プーチンのプロパガンダ担当者は、ウクライナの市民を殺し、レイプする兵士たちや、こうした命令を下す将軍たちに劣らず、戦争犯罪人なのだ。

ロシア当局は何千人ものウクライナの子どもたちを人質にとっている。子供たちは療養所に収容され、ロシアを愛するように教え込まれ、子供たちがウクライナを恋しいと言ったり、ウクライナ語を話したりすると殴られる。このような子どもたちは孤児とみなされ、養子に出されることが多いが、ほとんどの子どもたちにはウクライナに親がおり、彼らを見つけて返そうとしている。この戦争で最も弱い立場にあるのは子どもたちです。子どもたちを苦しめるべきではない。

私たちは次のことを求める:
1.誘拐されたすべてのウクライナの子どもたちの即時返還。
2.プーチンのプロパガンダで子どもたちを毒することをやめること。
3.このファシスト・プロパガンダに奉仕するロシアの宣伝家およびロシアの芸術家を制裁すること。

関連記事
イベント情報
  • Turnstile (ターンスタイル) の東京/大阪公演

  • Sasha Alex Sloan 来日公演

  • Thom Yorke (トム・ヨーク)、初となるソロ来日公演を11月に開催決定!

  • ANNE-MARIE (アン・マリー) 来日公演

  • JOURNEY (ジャーニー) 来日公演

  • Candy Dulfer 来日公演「We Funk Harder Tour 2024」