ロシアのパンク・バンド Pussy Riot、反戦歌「MAMA, DON’T WATCH TV」を公開!

2022.12.24

ロシアのパンク・バンド Pussy Riot (プッシー・ライオット) が反戦歌「MAMA, DON’T WATCH TV」を公開!この曲は、プーチンがウクライナで始めた戦争に反対する私たちの声明です。バンドは以下の声明を呼びかけている。

2022年2月24日、ロシアはウクライナに対して大規模な軍事攻撃を開始しました。ロシアの爆弾やロケットはウクライナの家、学校、病院を破壊し、町を破壊し、命を奪った。私たちは、プーチン政権はテロリスト政権であり、プーチン自身、彼の高官、将軍、宣伝担当者は戦争犯罪者であると信じています。

このコーラスは、捕虜となったロシアの徴用兵が、母親との電話での会話で、”お母さん、ここにはナチスはいないから、テレビは見ないで ” と言った言葉に基づいている。ロシアのプロパガンダは、日々、人々の心を憎悪で染めている。

プーチンに反対する者は投獄され、軍事用の毒薬を飲まされ、殺される。100年以上続く政治的毒殺の伝統、”x研究所” – は、NKVDが作った最初の軍事用毒薬の実験室である。反政府運動をしていた野党の人物たちが「実験」の犠牲となった。プーチンとロシア連邦保安庁はこの「伝統」に誇りを持ち、それを続けている。Alexander Litvinenko、Sergei Skripal、Vladimir Kara-Murza、Pyotr Verzilov、Alexei Navalny などである。

ロシアは、ロシア軍がクリミアを併合し、ドンバス地方の占領を開始した2014年以来、ウクライナ領土への軍事的侵略を続けてきた。それ以来、ウクライナは毎日、生きる権利と自由のために戦い、主権を保証するために戦わなければなりませんでした。

この間、国際社会は妥協点を探し、ロシアとビジネスを行い、同時にプーチンの残酷な戦争を後援してきた。クレムリンは石油とガスの販売から何十億ユーロも受け取っており、毎日このお金はウクライナの血に変わっている。

私たちは呼びかけます。
1. ロシアの石油とガスの購入、ロシアへの武器と警察の弾薬の販売に関する禁輸措置。
2. ロシアの高官とオリガルヒの西側の銀行口座と財産を押収し、彼らに対する個人的な制裁を導入する。
3. ウラジーミル・プーチン、ロシア国家宣伝部の職員、陸軍将校、およびウクライナ国民の大量虐殺に責任を負うすべての者を裁くための国際的な裁判を行うこと。

関連記事
イベント情報
  • ブルーマングループ「ジャパンツアー2024」東京公演

  • NewJeans 初の単独公演「Bunnies Camp 2024 Tokyo Dome」

  • Overmono 来日公演「PURE DEVOTION TOUR 2024」開催決定!

  • POLYPHIA 来日公演

  • Dua Lipa (デュア・リパ)、2公演限りの来日公演決定!

  • Tempalay、全国ライブツアー2024「((ika))」東名阪ほか全国9都市で開催!