UKノッティンガム Colouring、セカンドアルバム『Love To You, Mate』をリリース!

2023.11.22

Colouring

UKノッティンガムを拠点に活動するソングライター兼プロデューサー Jack Kenworthy のプロジェクト Colouring、セカンドアルバム『Love To You, Mate』を Bella Union から 2/23 リリース!先行シングル「For You」のリリックビデオを公開しました。「私はいつも、音楽の中で自分の人生を正直に語るよりも、シナリオを作り上げる側にいた」と、Colouring の Jack Kenworthy はセカンドアルバム『Love To You, Mate』について語る。

先行シングル「For You」のリリックビデオを公開!

もっと正直に直接的になれたのは、このアルバムが初めてだ。自分の物語じゃないから、怖くなかった。共有するものだから。

ノッティンガムを拠点に活動するソングライター兼プロデューサーの人生は、デビュー・アルバム『Wake』のリリースを数ヶ月後に控えた2021年2月、義理の弟 Greg Baker がステージ4の腸がんと診断されたことで一変した。その後の人生は、若い男の人生を分断させるかのような、最も “信じられない” 1年となった。

収録曲「Love To You, Mate」のMV公開!

初期の Coldplay、Elbow、Keane といった00年代のポスト・ブリティッシュ・ポップに影響を受けつつ、Radiohead や James Blake からエレクトロニックなリズムを取り入れたアルバムだ。Jack Kenworthy のデビューはルネッサンスとなった。レスターシャー出身の彼は、「正直なところ、それ以前は自分が作っている音楽に完全に馴染めなかった時期がたくさんあった」と語る。

収録曲「How’d It Get So Real?」を公開!

EP『Symmetry』(2016年)、『Heathen』(2017年)、『Bn』(2018年)はインタースコープ・レコードからリリースされ、『Colouring』は他の3人のミュージシャンをバックにしたポップな作品だった。これらのレコードは、The 1975 のツアー・サポート、ラジオでのメインストリームでのオンエア、北米での大規模なヘッドライン・ツアー、そして『Bn』のリード・シングル「Time」が『13 Reasons Why』のサウンドトラックに収録されるきっかけとなった。

『Love To You, Mate』というタイトルにもかかわらず、このアルバムは Kenworthy と Greg の関係を気にしていない。

このアルバムの中心が彼であることは明らかだし、最後の2曲は間違いなく彼に捧げたものだ。このアルバムの目標と意図は、(家族への)愛のメッセージであり、彼らがしてくれたことへの感謝だった。私たちは1年間、この固い絆で結ばれた、切っても切れない友人グループだった。この音楽を一緒に作ったという実感がある。私たちの一番好きな会話は、Greg とこのアルバムについて話すことなんだ。

『Love To You, Mate』ストリーミング

関連記事
イベント情報
  • God Save The Queen 来日公演 2024

  • GIPSY KINGS (ジプシー・キングス) 来日公演

  • リバーダンス、9年ぶりとなる来日公演「Riverdance Japan 2024」が決定!

  • Tones And I 来日公演

  • カネコアヤノ Livehouse Tour 2024 の開催が決定!

  • bar italia 初来日公演