Slowdive のサイモンによる新バンド Three Quarter Skies、デビューEP『Universal Flames』を 10/26 リリース!

2023.09.27

Slowdive のドラマー、サイモン・スコットによる曖昧な新バンド Three Quarter Skies (スリー・クォーター・スカイズ) がデビューEP『Universal Flames』を 10/26 リリース!先行シングル「On Fire」のミュージックビデオを公開しました。この7曲入りEPは、2022年末に行われた半自発的なライブ・パフォーマンスのレコーディングから開発されたもので、文字通り、このプロジェクトが誕生した時のサウンドだ。

昨年中、Slowdive に合わない曲をいくつか作っていたんだ。だから、ロンドンのフォークロアというクラブで、土壇場でステージに上がって演奏してみないかという誘いを受けて、”有機的に” デビューさせたんだ。

各トラックの歌詞はまだ完成していなかったが、オールド・ストリートの燃え盛るビルにつかまって、タクシーの後部座席で歌詞を走り書きした後、ギグに向かう道のりが「On Fire」という曲に刻み込まれた。

とサイモンは説明する。この自然発生的な構想以来、Three Quarter Skies は他のミュージシャンの回転ドアとなり、サイモンはこれを「創造的な境界線を制限したり強制したりしないつもりでいる漠然としたプロジェクト」と表現している。EPのゲストの1人は、Sonic Cathedral レーベルメイトの deary のドッティで、1曲目の「Opener」にヴォーカルを加えている。

このEPに収録された7曲は、シューゲイザー、クラウトロック、エレクトロニカ、ポストパンク、サイケデリアがブレンドされたもので、サイモンが本業だけでなく、近年高い評価を得ているアンビエントやフィールド・レコーディングの作品と比べても、明らかに実験的な余地がある。

僕の音楽的嗜好や影響によって、書くものは決まってくるんだ。ループ・ビート、モジュラー・シンセ、ギター・ペダル、ヴォーカル・プロセッシングを使うことで、境界線や明確なジャンルにとらわれない自由なジャムやレコーディングが可能になったんだ。

Flying Saucer Attack、Suicide、The Fall、Neu!、Can、13th Floor Elevators、Alice Coltrane、John Cage、Black Sabbath、Spacemen 3 などがすぐに思い浮かぶ音楽的インスピレーションだが、音楽以外では、民主主義を装った独裁政権やリスニングの政治学など、人間関係が大きく取り上げられている。

文学も常に私の世界観に影響を及ぼしている。例えば、Anna Tsing のもつれに関する多種多様な関係や、哲学者の Timothy Morton のエコロジーや人為的な影響を受けた世界の認識に関する著作などだ。映画やビジュアル・アートも大好きだから、インナーストリングス(Chris Tomsett)のような才能あるビジュアル・アーティストと仕事をすることは、私たちのビデオやライブ・ショーには欠かせない。

関連記事
イベント情報
  • Conan Gray (コナン・グレイ) 来日公演2024

  • Olivia Rodrigo (オリヴィア・ロドリゴ) 初来日公演

  • eaJ (イージュ) 初来日公演

  • Gryffin (グリフィン) 来日公演

  • Candy Dulfer 来日公演「We Funk Harder Tour 2024」

  • Dua Lipa (デュア・リパ)、2公演限りの来日公演決定!