Claud、セカンドアルバム『Supermodels』をリリース!

2023.05.03

NYブルックリンのベッドルームポップ・シンガー Claud、ニューアルバム『Supermodels』を Phoebe Bridgers のレーベル Saddest Factory Records から 7/14 リリース!先行シングル「Every F*cking Time」のミュージックビデオを公開。年齢や立場に関係なく、『Supermodels』は自分自身の声を聞くことができるレコードです。Claud の魅力的で痛快なセカンドアルバムは、20代前半の人生と恋愛の水銀を描いた自信に満ちた日記であり、曲の中に忍び寄る自信喪失や、彼らが見つけようとする妥協の場所など、その内容は様々です。

先行シングル「Every F*cking Time」のMV公開!

収録曲「A Good Thing」のMV公開!

それは、彼らが20代前半に遭遇した感情的、物流的な波乱の正確な地図である。恋愛や友情の亀裂、レコーディング・キャリアのプレッシャー、成長による犠牲: この13曲はそれぞれ、ジャンルにとらわれず、感情のジェットコースターのように、それぞれの曲に重みを持たせながら綴られた日記のようなものである。これらの曲は、2021年の『Super Monster』と同じ領域をカバーする、Claud にとって馴染みのあるテーマです。

収録曲「Wet」のリリックビデオを公開!

しかし、この曲のアイデアには新たな自信があり、しかめっ面のフォークから騒々しいポップス、ひねくれたピアノの珍品へと移り変わる中で、等閑にしない構造とフックで表現されている。『Supermodels』が幼少期のベッドルームで制作されたのに対し、この作品は彼ら自身の場所で制作され、親友やコラボレーターのチームによって素晴らしい作品に仕上げられています。

収録曲「Crumbs」のリリックビデオを公開!

『Supermodels』の名前は、”Screwdriver” に由来しています。「あなたは私がスーパーモデルの写真を見ているのを見つけた」と彼らは歌い、その自由で壊れたピアノで書かれたエレガントなラインの上で声がゆっくりと上昇する。「自分を振り返っても泣かないようにしよう。」これは唖然とする瞬間であり、私たちが皆、自分より劣っている、同等でないと見るのをやめ、自分の顔の奥深くに蓄えようとする何十種類もの不安を打ち消すために努力していることを思い出させるものだ。しかし、Claud は『Supermodels』に何も隠さない。絶望、救済、そして最終的には洞察の核であり、このような憂鬱に直面し、進み続けるのは、私たちが最初でも最後でもないことを思い出させてくれるのです。

『Supermodels』ストリーミング

関連記事
イベント情報
  • ブルーマングループ「ジャパンツアー2024」東京公演

  • While She Sleeps 来日公演

  • God Save The Queen 来日公演 2024

  • BONOBO PRESENTS OUTLIER

  • Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2024

  • レッド・ホット・チリ・ペッパーズ「The Unlimited Love Tour」東京ドーム2公演