UKリヴァプールのバンド The Coral、ニューアルバム『Sea Of Mirrors』をリリース!

2023.05.25

UKリヴァプールのバンド The Coral、2枚のアルバム『Sea Of Mirrors』、『Holy Joe’s Coral Island Medicine Show』を 9/8 リリース!先行シングル「Wild Bird」のミュージックビデオを公開しました。サイケ・フォーク・ポップ・ロックの放浪者である The Coral は、芸術的探求の復活を喜び、今年後半に2枚のアルバムをリリースすることを発表し、同時に2021年以来の新曲「Wild Bird」を発表しました。このシングルは、イタリアのスパゲッティ・ウエスタンの焼け焦げた砂、厚紙のカウボーイ、水浸しのセットを想像させるバンドの11枚目のスタジオアルバム『Sea Of Mirrors』まで続く新しいストーリーに拍車をかけています。

収録曲「That’s Where She Belongs」のMV公開!

2021年にリリースされたアルバム『Coral Island』が全英オフィシャルアルバムチャートで2位を獲得し、批評家の称賛を浴びた後、バンドには2枚のアルバムのための素材が用意されていました。そんな中、キーボード奏者のニック・パワーが脚本を書き、ドラマーのイアン・スケリーがヴィンテージの映画館ホワイエのポスター・アートワークを制作したことで、『Sea Of Mirrors』の鮮やかなコンセプトと The Coral が再びすべての期待を超えていくための青写真が確定しました。

収録曲「The Sinner」の試聴が開始!

映画のオープニングテーマ、「Wild Bird」の陽光に照らされた影を連想させる曲は、アルバムの共同プロデューサーである Sean O’Hagan (The High Llamas、Stereolab) による巧みなストリングス・アレンジで彩られています。この2枚のアルバムには、俳優の Cillian Murphy と John Simm、そして Love のギタリストである Johnny Echols も参加した。元バンドメンバーの Bill Ryder-Jones は『Sea Of Mirrors』のソングライティングに参加しています。また、The Sundowners もアルバムに歌声を提供しているゲストとして名を連ねています。中心人物の James Skelly は「Wild Bird」について、次のように語ります。

The Coral の有名な曲のほとんどがそうであるように、この曲も5分ほどで書き上げました。アルバムのコンセプトが明確になってからは、Fellini が監督し、Richard Yates が脚本を書いたイタリアの西部劇のテーマ曲を想像していたんだ。もし Lee Hazlewood が Townes Van Zandt が書いた Gene Pitney の曲をプロデュースしていたらどうなっていただろう、という問いかけでもある。

『Sea Of Mirrors』ストリーミング

『Sea Of Mirrors』と『Holy Joe’s Coral Island Medicine Show』は、リバプールの伝説的な Parr Street Studios で録音された最後のアルバムとなりました。このスタジオは、昨年閉鎖されるまで、The Coralや市内外の多くのバンドが長期にわたって所属していました。オヘイガンとのセッションはロンドンで始まり、パー・ストリートに戻り、最終的にはスケリーとプロデューサーのクリス・テイラーの新しいレコーディング施設であるケンプストン・ストリート・スタジオで最後のセッションを終えたこのアルバムは、コーラルの幅広いカタログの中に位置する以上の理由で、音楽史の一部となったのです。

関連記事
イベント情報
  • BLIND CHANNEL、一夜限りの来日公演

  • Fairground Attraction 奇跡の復活!35年振りの来日公演

  • All Time Low 振替公演

  • Tempalay、全国ライブツアー2024「((ika))」東名阪ほか全国9都市で開催!

  • Bruno Mars (ブルーノ・マーズ) 来日公演

  • CARCASS (カーカス) 来日公演