米ナッシュビルの超光速ポストパンク・バンド Snõõper、デビューアルバムをリリース!

2023.04.12

米ナッシュビルの超光速ポストパンク・バンド Snõõper、デビューアルバム『Super Snõõper』を Third Man Records から 6/14 リリース!

米ナッシュビルの超光速ポストパンク・バンド Snõõper、デビューアルバム『Super Snõõper』を Third Man Records から 7/14 リリース!先行シングル「Pod」のミュージックビデオを公開。Snõõper (プロジェクト) は、地元ナッシュビルのパンクの中心人物 Connor Cummins と、ひどく面白いアニメーションとアートを副業とする早期教育教師 Blair Tramel のコラボレーションとして始まった。彼らのカセットテープや自作ビデオが世界中に散らばるファンを見つけ始めた頃、二人は2021年後半にプロジェクトをライブステージに持ち込み、Snõõper (バンド) が誕生しました。

先行シングル「Pod」のMV公開!

パペット、8ビット・アニメーション、張り子、ホイッスル、フラッシュ・ライト、そして渦を巻くような身体の渦など、最もワイルドなライブ・ショーを特徴とする Snõõper は、ライブ・アクトをスタジオ環境に持ち込み、ここ数十年で最も有望なパンク・デビュー・アルバムの1枚となるステージを作っている。しかし、私たちの言葉を鵜呑みにするのではなく、ヘンリー・ロリンズが Snõõper の魔法について長文で語っています。

ヘンリー・ロリンズが語る、Snõõper の魔法

簡単に説明すると、Snõõper は33 1/3回転の世界で45回転の音楽を作り、78回転で演奏するバンドであり、それは完全に機能している。この信じられないスピードでも、Snõõper (ミュージシャンの Connor Cummins とビジュアル/ビデオ・アーティストの Blair Tramel のキネティック・デュオ) は、楽器的には超精密で、ボーカル的には巧みにメロディックであり、また、ほとんどずっとフロアリングしているのだが。全体的な効果としては、非常にクールでユニークな曲のメガドーズであり、明日のスピードでありながら、これ以上違う演奏をすれば、圧倒的な楽しさを失ってしまうだろう。

Snõõper のレコードとしては、3枚の7インチレコードがある。2020年の『Music For Spies』、2021年にリリースされた『Snõõper EP』、そして昨年の『Town Topic EP』です。どれも素晴らしいが、一面を聴いたら座らない方がいい。すぐに立ち上がってレコードをめくってしまうからだ。Snõõper の音楽は、とにかく座って聴くものではありません。

デビューアルバム『Super Snõõper』では、Connor と Blair は、通常の2人編成とは異なり、ドラマーの Cam Sarrett、ベーシストの Happy Haugen、セカンドギターの Ian Teeple を起用しました。その結果、Snõõper のサウンドは飛躍的に進化し、音楽にふさわしいものになりました。

『Super Snõõper』を4回目に聴いたとき、新たな評価が生まれました

Snõõper は速く演奏しているのではない。彼らは Snõõper のスピードで演奏している。バンドは非常にタイトで、曲はボンネビル・ソルトレイク・フラッツの実験場にふさわしい。Sonny Clark の1962年の優れたブルーノートLPのタイトルを借りれば、Snõõper はただ跳び、跳ねるだけだと結論づけられるかもしれない。

Snõõper がナッシュビルの Exit/In で行った 11-23-22 の34曲27:22のライブは、慈悲深く録音されてリリースされたので、このライブがいかにスモーキーだったかという目撃証言を実際のオーディオ検証で裏付けることができ、このバンドがいかに完全に破滅しているかをさらに証明し、ライブ録音で示唆されていたが『Super Snõõper』で証明された話題を思い出させるだろう。前述の7インチ盤で Snõõper の音楽を垣間見たとき、このグループがフル・アルバムを出せるのかどうか、疑問に思うかもしれない。その答えは、熱狂的なイエスである。『Super Snõõper』はとても素晴らしく、聴けば聴くほど良くなっていくので、何度も何度も再生してしまうかもしれません。

『Super Snõõper』ストリーミング

豪メルボルンのラジオ局 PBS 106.7FM に出演した「Running」のスタジオライブ映像が公開!

わがままを言えば、Snõõper には早く次のアルバムを作って欲しい。これは本当にクールなレコードだ。 - ヘンリー・ロリンズ

Snõõper は、激昂したパンク、ガレージ・ロック、ニュー・ウェイヴの間を疾走しているときが一番ハッピーだ。
– Pitchfork (この夏最も期待されるアルバム)

Snõõper は、突然変異的なパンクとガレージ・ロックをDIYでミックスした、アドレナリン全開のバンドだ。
– Brooklyn Vegan (夏に期待するアルバム)

スピード・アップ・バージョン時代のパンク・バンド、Snõõper は、残酷なほど速く、信じられないほど楽しい曲を演奏するナッシュビルのDIY5人組だ。 – Stereogum

関連記事
イベント情報
  • Bruno Major Japan Tour 2024

  • LANY 来日公演

  • The Last Dinner Party 単独公演

  • Ginger Root 来日公演「SHINBANGUMI JAPAN TOUR 2025」の開催が決定!

  • JOURNEY (ジャーニー) 来日公演

  • Overmono 来日公演「PURE DEVOTION TOUR 2024」開催決定!