USインディーポップ・デュオ Generationals、7枚目のアルバム『Heatherhead』をリリース!

2023.03.29

USインディーポップ・デュオ Generationals がニューアルバム『Heatherhead』を Polyvinyl Record から 6/2 リリース!先行シングル「Dirt Diamond」を公開しました。この曲の核となるアイデアは2020年に生まれ、それ以来、グラントとテッドの間でデモのバッチが飛び交い、常に進化し続けてきた。2021年末にジョージア州アテネで、日の目を見ないEPのためにこの曲のバージョンをレコーディングしたこともあるんだ。そのEPはお蔵入りになったが、「Dirt Diamond」はまだ墓場から私たちを呼びかけていた。

収録曲「Waking Moment」のビジュアライザーを公開!

昨年の夏、私たちは長年の友人である Nick Krill にこの曲を持っていきました。私たちは10年以上前からニックを尊敬しています。最初は The Spinto Band での活動で、最近ではフィラデルフィアの近くを拠点に Clap Your Hands Say Yeah や The War on Drugs などのエンジニアリング、プロデュース、ミキシングを行うスタジオワークで知られています。ニックとは何年か前から何度か仕事をしていて、具体的には2017年のシングル「Beggars in the House of Plenty」のミックスや、2019年の Broncho の曲「Big City Boys」のリミックスのミックスも彼が担当してくれました。私たちは、彼が素晴らしいアイデアと細部への耳を持つ忍耐強いコラボレーターであることを知りました。

収録曲「Eutropius (Give Me Lies)」のリリックビデオを公開!

収録曲「Hard Times for Heatherhead」のリリックビデオを公開!

ニックは、「Dirt Diamond」に新たな命を吹き込むために、いくつかの重要な提案をし、この曲を以前のバージョンよりも高めてくれました。それまでインストゥルメンタルだったコーラスにボーカルを入れるというのは、ニックのアイデアでした。最初は躊躇していたのですが、最終的には曲の枠を超えて響くような歌詞に行き着きました。

最初は普通のあいさつのように耳に残っていた「Are you okay」。でも、回数を重ねるうちに、明らかに悩んでいる友人への切実な問いかけのように感じられるようになりました。でも、正直なところ、ここ数年は “No” の方が正しいという日が多かった。この曲のサビでこのセリフを叫ぶことで、私はある種のカタルシスを感じ、それ以来、その感覚は毎日私の中に残っています。あなたは大丈夫ですか?僕は?とは言えないが、この歌を叫ぶと、ちょっとだけ気分が良くなることは確かだ。

-グラント

『Heatherhead』ストリーミング

関連記事
イベント情報
  • Olivia Rodrigo (オリヴィア・ロドリゴ) 初来日公演

  • VAULTBOY (ボルトボーイ) 初来日公演

  • JOURNEY (ジャーニー) 来日公演

  • 藤井フミヤ「40th Anniversary FINAL in 日本武道館」公演

  • IU (アイユー) 来日公演「2024 IU H.E.R. World Tour Concert」

  • SONICMANIA 2024、第1弾アーティスト発表!