The Japanese House、セカンドアルバム『In The End It Always Does』をリリース!

2023.03.21

The Japanese House

ロンドンのシンガーソングライター Amber Mary Bain によるプロジェクト The Japanese House、待望のセカンドアルバム『In The End It Always Does』を Dirty Hit から 6/30 リリース!先行シングル「Boyhood」のミュージックビデオを公開しました。このアルバムは、始まりと終わり、執着と平凡、恋に落ちてバラバラになるといった矛盾の中に生きています。新曲「Boyhood」について、Amber は次のように述べています。

先行シングル「Boyhood」のMV公開!

親友のケイティと私が未だ若くて恋をしていた頃、彼女が飼っていた馬に乗って、ゲイであることや恋をしていることから生じるすべての問題から逃れ、遠くへ旅立つことを夢見ていました。

この曲は、どんなに頑張っても、人生の初期に自分に起こったことや足かせになったことの産物であることを避けられないことがあるということを歌っています。

でも、それだけではなく、もっと重要なのは、そうしたことを克服するための希望についても歌っています。そして、今の私たちを見てみてください。逃避するのではなく、何かに立ち向かっているんです。

セカンドシングル「Sad to Breathe」を公開!

セカンドシングル「Sad to Breathe」は、Amber と The 1975 の George Daniel、Chloe Kraemer が共同制作したアップビートなサウンドのハートブレーカー・チューンで注目の曲です。この曲は、Sheila Johansson が監督した、Amber と彼女の拡張ライブ・バンドによる美しいライブ・オルタネート・ヴァージョンが付属しています。

収録曲「Sunshine Baby」の試聴が開始!

「Sad To Breathe」は昔書いた曲で、レコードの中で最も古い曲の一つです。当時はとても違っていて、電子音だけだったのが、今ではほとんど生楽器やアコースティック楽器で構成されている。

この曲は、誰かが自分の元を去ったときの絶望的な気持ちと、そんなことがあり得るのかという不信感について歌っているんだ。

その時はとてもリアルに感じられるのに、奇跡的に自分の人生が台無しになったことを好意的に振り返ることができる、そんな狂気のドラマチックな思考が面白い。すべて丸く収まるのです。 – Amber Bain

「Sad to Breathe」のライブ映像を公開!

「Sunshine Baby」のライブ映像を公開!

広く知られるようになったデビュー作『Good at Falling』から4年、このアルバムでは、The 1975 の Matty Healy や George Daniel、Muna の Katie Gavin、Bon Iver の Justin Vernon などの協力を得て、Amber がさらにポップな領域へと踏み込んでいます。

アルバムのラストを飾る「One for sorrow, two for Joni Jones」のライブ映像を公開!

Amber は、特に Muna の Katie Gavin が彼女に創造的なエネルギーとインスピレーションを注入してくれたと信じている。このアルバムでは、プロデューサー兼エンジニアの Chloe Kraemer (Rex Orange County、Lava La Rue、Glass Animals) と一緒に仕事をしました。この経験は、クリエイティブな空間における疎外された性別間の暗黙の共通理解のために、彼女が「人生を変えた」と表現しています。

女性やクィアと一緒に仕事をしたことがなかったんです。自分の立場や共有する経験を完全に理解してくれる人がいるのは嬉しいことです。また、私はすべての曲で “彼女” と言っているので…それを理解してくれる人がいることは重要なことです。

『In The End It Always Does』ストリーミング

Coachella 2024 に出演した「Sunshine Baby」のライブ映像が公開!

関連記事
イベント情報
  • Jonas Blue (ジョナス・ブルー) 来日公演

  • Tesseract (テッセラクト) 来日公演

  • STARMARKET、30周年を記念した来日公演が決定!

  • 藤井フミヤ「40th Anniversary FINAL in 日本武道館」公演

  • LANY 来日公演

  • SONICMANIA 2024、第1弾アーティスト発表!