Salami Rose Joe Louis、識別可能なソースがない音と題したアルバム『Akousmatikous』をリリース!

2023.03.23

Salami Rose Joe Louis

ベイエリアのプロデューサー Lindsay Olsen のプロジェクト Salami Rose Joe Louis がニューアルバム『Akousmatikous』を Brainfeeder から 5/19 リリース!オークランドのデュオ Brijean (Ghostly International) をフィーチャーした「Propaganda」、Soccer96 (The Comet is Coming の Danalogue と Betamax によるプロジェクト) とコラボレーションした先行シングル「Akousmatikous」を同時公開しました。本作は2019年のアルバム『Zdenka 2080』の続編となるアルバムです。

Soccer96 をフィーチャーした「Akousmatikous」のMV公開!

Akousmatikous/Akousmatikoi (または acousmatic) は、「識別可能なソースがない音」と訳される。『Akousmatikous』は、紀元前5世紀のピタゴラス神秘主義者の一派で、「学習者」と呼ばれた Mathematikoi 派に対して、「聴者」と呼ばれた一派である。Akousmatikoi 派は、儀式、調和、倫理的な行動に重点を置いていました。

私は、音源が分からないのに音を聴くというコンセプトに魅了されています。”この大きな宇宙の広がりの中で、答えや質問、あるいは私たちが求める定義できない何かに耳を傾ける行為” です。

Brijean をフィーチャーした「Propaganda」の試聴が開始!

元気候科学者の彼女は、Flying Lotus のレーベル Brainfeeder と契約し、『Zdenka 2080』(2019年)と『Chapters of Zdenka』(2021年)を発表した。両コレクションは、実験的なポップ、アブストラクトなビート、ベッドルームR&Bの短いバーストを詰め込み、非倫理的な政府や企業によって誤管理された2080年の未来のディストピアな地球を描くSF的な物語で繋げた。The Line of Best Fit は『Zdenka 2080』を「幻惑的で魅力的」と評し、一方 Bandcamp は「純粋な想像力の世界への甘い旅」と表現し、2019年のベストアルバムにチャートインさせた。また、このアルバムは Gilles Peterson のワールドワイド・アワードでアルバム・オブ・ザ・イヤー2019にノミネートされています。

『Akousmatikous』は、『Zdenka 2080』の物語上の続編である

『Zdenka 2080』のラストで大都会の宇宙船が地球に墜落した後、次元の崩壊が起こります。その結果、地球人は頭と手がスクリーンに変化し、そこから新しいアルバムが始まる。地球人たちは、頭と手の間で終わることのないビデオ・フィードバック・ループにはまり込む。異次元の存在である Zeeanori は、植物が地球を取り戻し、自然が再び繁栄し健康になることを望んで、このフィードバックループを操作している。彼の旧友であり過去の恋人である Akousmatikous (遠い星から来た) が、彼の動機と複雑な倫理観に興味を持ち、地球にやってきて話をする。Akousmatikous は、自然が美しく栄えることには同意するが、無限のフィードバックループに囚われた地球人の運命を憂慮する。Akousmatikous は、すべての存在にとって有益な解決策、つまり共生への道を望んでいるのです。

収録曲「Dimcola Reprise」のMV公開!

タイトル曲「Akousmatikous (feat. Soccer96)」は、アカデミー賞にノミネートされた映像作家 Carlos López Estrada (ディズニー、マーヴェル) が監督した素晴らしいアニメーション・ビデオに恵まれています。前作同様、Lindsay Olsen はこのアルバムでも作曲、録音、プロデュース、ミキシングを愛用の Roland MV-8800 ミュージック・ワークステーションで主に一人で行ったが、彼女のお気に入りのミュージシャンを招き、快適な環境から飛び出した。

Soccer96、Miguel Atwood-Ferguson、Juuwah、Brijean、Sergio Machado Plim、Danalogue、Jason Lindner、Dakim、Dan Nicholls です。

私は非常に内向的なプロデューサーであり、そのため、過去にコラボレーションを追求する際に、他の人と直接仕事をするのが恥ずかしく、妨げになることがありました。インターネットを通じてコラボレーションする機会を得たことは、素晴らしい経験であり、いくつかの美しいつながりや新しい友情につながりました。

アルバムのアートワークは、Flying Lotus、Run The Jewels、Animal Collective、Andy Shauf、BADBADNOTGOOD とのコラボレーションで知られる、受賞歴のあるデザイナー兼映画監督の Winston Hacking が担当しています。彼の情熱は、現代的なコラージュと初期の映画的なイリュージョンが同居するハイブリッドな作品を生み出すことにある。

『Akousmatikous』ストリーミング

関連記事
イベント情報
  • Candy Dulfer 来日公演「We Funk Harder Tour 2024」

  • Jungle 来日公演

  • IDLES の単独来日公演が2025年1月に開催決定!

  • FKJ、待望の単独公演が東京/大阪で6月に決定!

  • Gryffin (グリフィン) 来日公演

  • Tempalay、全国ライブツアー2024「((ika))」東名阪ほか全国9都市で開催!