LAのシンガーソングライター Anna St. Louis、2ndアルバム『In the Air』をリリース!

2023.06.03

Anna St. Louis

LAのシンガーソングライター Anna St. Louis、ニューアルバム『In the Air』を Woodsist から 6/9 リリース!静寂と瞑想に身を委ねた千の夜から生まれた『In The Air』は、Anna St.Louis の2枚目のフル・アルバムで、これまでで最も熟考された作品です。デビュー作『If Only There Was a River』は、彼女の心の奥底から完全な形で現れたような作品であり、ギザギザのエッジと幽霊のような幻影に満ちた、硬質で魅惑的な作品である。ギザギザのエッジと幽霊に満ちた、硬質で魅惑的な作品だ。このタイプのレコードは、新しい声を発表するもので、以前のものに取り付かれたものです。

先行シングル「Phone」のMV公開!

しかし今回、セントルイスはもはや「ありえたかもしれないこと」にこだわらず、「ありえること」を探求することに照準を合わせています。それは、彼女の身近な存在が小さかった頃に形成された世界観である。前作から数年の間に、セントルイスはニューヨーク州北部の森の中にある小さな1ベッドルームのキャビンで、新しい恋と、音楽で何を表現したいかを考える時間を得た。何週間も、近くのホテルでフロント係として働いていた彼女が行ったのは、往復の移動だけだった。ツアーでロサンゼルスの会場で演奏し続けた数年間は、まるで別世界の出来事のように感じられた。

収録曲「Morning」のMV公開!

未知の世界に身を委ねざるを得なくなったのです」と彼女は言う。そして、この降伏の中で、彼女は解放を見出したのです。セントルイスは、より自信に満ち、オープンハートで、自分の望むことを言う準備ができています。セントルイスは、執筆期間を「収穫の遅い時期」と表現する。最初の考えを記録するのではなく、1曲1曲に時間をかけ、表現したいテーマやアイデアをより深く掘り下げていった。

このゆっくりとしたアプローチは、アルバムのサウンドの質感も導きました。2021年にロサンゼルスで行われた2回の長期レコーディング・セッションで、プロデューサーの Jarvis Taveniere (Purple Mountains、Woods) と組んだセントルイスは、これまで未開拓の方法でスタジオを使い、彼女の新しい視点に合わせて明るい音色やよりオーケストレーションなサウンドで曲をより実験的に開放しています。そのために、Jess Williamson、Kacey Johansing、Oliver Hill (Kevin Morby、Vagabon)、ピアノの Alex Fischel (Spoon)、ドラムの Josh Adams (Bedouine、Tim Heidecker)、Keven Lareau (Cut Worms、Hand Habits) といった友人やコラボレーターが助っ人に加わった。

静かな朝、外には新雪が降り、やかんから湯気が立ち、口笛が鳴る直前、ギターを抱えて窓の外を見つめるセントルイス、出勤前の自由な時間、今この瞬間を楽しく考えているようなサウンドが、『In the Air』にはある。彼女は目の前の光景に思いを馳せ、これから訪れるであろう時間を想像している。ロサンゼルスの騒々しいバーや過酷な旅から遠く離れているのだ。彼女は「Rest」でこう言っている。

『In the Air』ストリーミング

あなたは一生、追いかけることを信じて過ごしてきた。そして、どこかにいることが、以前ほど重要でないことに気づくのです。

彼女はもう、自分を運んでくれる川を必要としない。彼女は空中にいるのだから。

– ジャスティン・サリバン (2023年)

関連記事
イベント情報
  • IDLES の単独来日公演が2025年1月に開催決定!

  • RAVEN & NIGHT DEMON 来日公演

  • アイルランドのオルタナロック・バンド NewDad 初来日公演

  • Montell Fish (モンテル・フィッシュ) 初来日公演

  • Tones And I 来日公演

  • Olivia Rodrigo (オリヴィア・ロドリゴ) 初来日公演