LAの鬼才 Louis Cole、ニューアルバム『Quality Over Opinion』をリリース!

LAのシンガーソングライター/マルチインストゥルメンタリスト Louis Cole (ルイス・コール)、ニューアルバム『Quality Over Opinion』を Brainfeeder Records から 10/14 リリース!先行シングル「Let it Happen」のミュージックビデオを公開しました。20曲からなるこのアルバムは、彼のささやかなホームスタジオで彼自身が作曲、演奏、制作を行ったが、Louis Cole は、Genevieve Artadi (「私のNo.1ミュージックコラボレーター」)、17年来の友人であるサックス奏者の Sam Gendel、ピアニストの Chris Fishman、バンド Kneebody の Nate Wood、Marlon Mackey(「ベーカースフィールド音楽界の柱」)、ギターリストの Kurt Rosenwinkel を招待して貢献してもらっている。

このアルバムは、私ができる限り最高の、最もパワフルで聴きやすい音楽を作ろうとしていることを表現したものです。自分自身のため、そして他の人のためにもね。

先行シングル「Let it Happen」のMVを公開!

Louis Cole は先行シングルで、アニマルプリント、くだらないTシャツのスローガン、スケルトンのボディスーツを好んで着用。時にはトップレスでドラムを叩き、プラスチックのワッフルをロープで吊るした姿を撮影するのが好きだそうです。しかし、Louis Cole は、その破天荒なスタイルと、それに勝るとも劣らない芸術性の高さで、あらゆることを見事にやってのける。

収録曲「Not Needed Anymore」のMVを公開!

Quincy Jones や Red Hot Chilli Peppers から高い評価を得ている Thundercat は、彼を「ロサンゼルスで最も偉大なミュージシャンの一人」と評し、今年初めには彼の日本ツアーにドラムとして招かれた。Thundercat のグラミー賞受賞アルバム『It Is What It Is』に収録されている「I Love Louis Cole」をはじめ、2人は頻繁に一緒に作曲をしている。

ニューシングル「I’m Tight」のMVを公開!

2020年以来初のソロ作品となる「Let it Happen」は、Louis Cole が「喜びと痛みの間にある特別な感情を表現した、時代を超えたモダン・パワーバラードの名曲」と語る楽曲で、MVは彼自身が監督を手掛けている。Louis Cole は名高い音楽家であることに満足せず、映画制作にクリエイティブな力を貸すことに決め、10年間に渡って素晴らしいDIYミュージックビデオやパフォーマンスの経験を重ねています。

収録曲「Shallow Laughter / Bitches」のMV公開!

新曲「I’m Tight」は、抗しがたいベースラインを基調とした、洗練されたファンク・ロケットだ。「この曲は、私が約100種類のファンクの細胞を録音し、その中から好きなものを選んで曲にしたものです」と Louis Cole は言う。「この曲のためにベースパートを何度も練習したんだ」と彼は微笑む。

収録曲「Dead Inside Shuffle」の試聴が開始!

Louis Cole の主な楽器はドラムで、ジャズのバックグラウンドを持っているが、彼の書く音楽は純粋な意味でのジャズや古典的な意味でのジャズとはほとんど似ていない。

ジャズの根底にあるのは、純粋な自由…限界はない…その瞬間に考えていることだけをやる…無限の純粋な爆発なんだ。

したがって、Louis Cole が『Quality Over Opinion』の試金石としたのは、Miles Davis などのジャズアイコンに加え、Gustav Mahler や György Ligeti などの境界を押し広げる作曲家、スウェーデンのエクストリームメタルバンド Meshuggah、Morten Lauridsen (音楽著名教授、アメリカの合唱マスター)、スーパーマリオカートなどである。

このアルバムには連続した物語の糸はなく、それぞれの曲が私の人生と時間におけるそれぞれの瞬間を表現しています。喜びや痛み、そして自分の周りの人生から何かを引き出そうとする絶え間ない使命感からインスピレーションを受けたんだ。

『Quality Over Opinion』ストリーミング

収録曲「Park Your Car On My Face」のライブ映像を公開!