NYブルックリンのインディーズ・バンド Foyer Red、デビューアルバム『Yarn the Hours Away』をリリース!

2023.02.18

Foyer Red

NYブルックリンの5人組インディーロック・バンド Foyer Red (フォイヤー・レッド)、デビューアルバム『Yarn the Hours Away』を Carpark Records から 5/19 リリース!先行シングル「Etc」のミュージックビデオを公開しました。催眠術のようなベースラインに支えられた Foyer Red の新曲は、日常生活のアルゴリズム的で閉所恐怖症的な現実を探し求めているが、不満がある。歌詞の根底にはパラノイアとシニシズムがあるが、曲そのものはスリリングで遊び心に溢れている。

収録曲「Plumbers Unite!」のMV公開!

本作『Yarn the Hours Away』は、リードシンガー/ヴォーカリスト/クラリネット奏者の Elana Riordan を中心に、バンドがその環境と主人公を綿密に作り上げた短編小説集として展開されています。Foyer Red のデビューEP『Zigzag Wombat』は、アートパンク、数学ロック、甘く歌うインディーにズームを加えた、遊び心あふれるカオスなアレンジを披露しています。Cate Le Bon の別世界のメロディー、Yucky Duster のジャングル満載のクレヨンロック、Deerhoof の象徴的なポリリズムの組織的カオスなど、様々な音楽の影響を受けながら、EPで中心となっていた魔法の現実主義インディーロックの家庭的なテイクを合成している。『Yarn the Hours Away』を構成する曲は、現代のポスト・デジタル・ライフを題材にした、幻想的で超現実的な物語です。

先行シングル「Etc」のMV公開!

リードシングルの「Etc」は、このダイナミックさを完璧に表現している。Eric Jaso の催眠術のようなベースラインに支えられたこの曲は、Riordan と Kristina Moore のオフキルターなコール&レスポンス・ボーカルで展開し、彼らのぎこちない表現はミックスの中で弾みます。シンガー/ギタリストの Mitch Myers は、「情報を集めても、データベースの37%に到達すれば自由になれる」と歌い、曲をループさせる。歌詞の根底にはパラノイアとシニシズムがあるが、曲そのものはスリリングで遊び心にあふれたものだ。

『Yarn the Hours Away』の曲は一様に刺激的で説得力があり、それぞれの曲は個性的で、時には真っ向から対立しているようにさえ感じられます。冒頭の「Plumbers Unite!」は、日常生活のゲーム化というテーマとは裏腹に、Foyer Red のデビューEPのSFやファンタジーのような曲作りになっています。Moore と Riordan の甘い歌声は曲が進むにつれて狂おしくなり、マイヤーズの不規則な歌声は最後に不満げな叫びを上げる。この曲は、Riordan とドラマーの Marco Ocampo の関係を歌った愛らしい曲で、バンドはペースを落とし、至福の揺れに身を任せる。この曲で Riordan は、Ocampo が使う間違った口語表現である “Marco-isms” を思い出しながら、うめきとため息をつく。

収録曲「Gorgeous」の試聴が開始!

「Gorgeous」は、タイムトラベルと人類の進化に触れた後期資本主義に対する緩やかな嘆きである「Pocket」とほとんど共通している。Moore と Riordan の叫び声は切り刻まれてリズム楽器として使われ、Moore の複雑に熱狂するギターの上に重ねられています。Foyer Red はこのような極端さと矛盾の上に成り立っているのです。彼らの最初のリリースはセルフレコーディングだったが、このLPでは Figure8 Studios で期限付きで録音された。Jaso は、「本当に解放されたよ。私たちは皆、自分の声を投げかけて、より良い曲にするためにお互いに挑戦し合っているんだ。

『Yarn the Hours Away』は、クローザーの「Toy Wagon」の歌詞に由来している。この曲は、Moore とバンドの他のメンバーが初めて一緒に仕事をした時、これから起こるスリリングなコラボレーションの有望な火種となった曲だ。「この曲は、私たち全員が集まって、音楽の中で一緒に時間を過ごしたことを思い起こさせるものだ」と Moore は言う。「リラックスして息を吐き出すような瞬間はほとんどない」と Riordan は付け加えます。

『Yarn the Hours Away』ストリーミング

私たち5人が集まって作曲を始めたとき、それが起こったんだ。私たちは、ただ、このような突拍子もない曲ばかり書いていて、それを縮小する理由は見出せませんでした。その自然な形は、そのカオスと重なり合ったクレイジーさの中にあるんだ。

ライブセッション映像を公開!

tracklist:
1. Plumbers Unite!
2. Unwaxed Flavored Floss
3. Wetland Walk
4. A Barnyard Bop
5. Etc
6. Gorgeous
7. Blue Jazz
8. Pocket
9. Oh, David
10. Time Slips
11. Big Paws
12. Toy Wagon

関連記事
イベント情報
  • FKJ、待望の単独公演が東京/大阪で6月に決定!

  • Tones And I 来日公演

  • Cory Wong 単独来日公演

  • eaJ (イージュ) 初来日公演

  • UKロックシーンの新星 The Reytons 初来日公演

  • 若き天才ピアニスト Tony Ann の初来日公演が決定!