ニュージーランドのアーティスト Fazerdaze、中毒性の高い新曲「Flood Into」をリリース!

記事には広告を含む

Fazerdaze

Photo by Joey Cluff

ニュージーランドのシンガー/プロデューサー/マルチ・インストゥルメンタリスト Fazerdaze (本名 Amelia Murray) が、中毒性の高いニューシングル「Flood Into」をリリース!同時公開されたミュージックビデオは、冬の終わりと春の始まりに、ニュージーランドのオタウタヒで撮影されました。撮影場所を探していたら、この嵐のような桟橋に行き着きました。この曲は、恋をして自分を見失ったことのある人たちのための曲です。

アメリアの言葉を借りれば、「Flood Into」は深い愛と喪失、そしてそのサイクルの果てにある自分自身の再生について。私自身のエネルギーが再び私を満たそうと駆け巡る感覚です。「Flood Into」は、別れを予期して書きました。この曲は、自分の道を歩き、再び自分の枠に立つことを学ぶために、愛する人を手放して感じたすべてのメランコリーを体現しています。

Fazerdaze のデビューLPである2017年の『Morningside』は、Pitchfork や Mojo といったメディアから絶賛され、それまでの本拠地オークランドから地球の裏側までツアーを行い、アメリアを世界の舞台へと送り出した。しかし、その裏側では歯車が狂い始めていた。不健康な人間関係、急成長している自分に対する不甲斐なさ、そして精神的な疲労が重なり、やがて彼女の音楽制作に影響を及ぼし始めました。何年もの間、アメリアは1曲も完成させることができなかった。しかし、彼女は回復力を名誉の象徴として放棄し、自分自身を解き放つまではそうだった。

最新EP『Break!』は、Amelia が初めて孤独な生活を送っていた3ヶ月間のニュージーランドでの監禁期間中に完成し、そのまま9年間の長い交際の余波を受けた。このEPは、感情のどん底で、降伏と個人的な再生の力強い肖像を作り上げている。『Break!』は、ミュージシャンとして、また人間として再発見する旅に出たアメリアにとって、重要なリリースとなった。