ニュージーランドのアーティスト Fazerdaze、約5年ぶりの新作EP『Break!』をリリース!

ニュージーランド出身の Amelia Murray によるベッドルーム・プロジェクト Fazerdaze、約5年ぶりの新作EP『Break!』を 10/14 リリース!先行シングル「Come Apart」のミュージックビデオを公開しました。Fazerdaze としては、2017年のデビューアルバム『Morningside』以来となる作品です。強くたくましくあることが名誉のバッジのように持ち上げられることが多い社会では、もう十分だと認めること、つまり手放すときを受け入れることはずっとずっと難しいことです。ニュージーランドのシンガー/プロデューサー/マルチインストゥルメンタリストである Amelia Murray は、この真実と何年も格闘してきました。しかし、この作品には、個人を再生させるという力強いパンチラインが含まれています。

EP『Break!』の予告映像を公開!

先行シングル「Come Apart」のMV公開!

5年前に遡ると、客観的に見て、Fazerdaze の状況は絶好調でした。当時はオークランドに住んでおり、一生懸命に働き、「適切な場所に身を置く」という初期の決意が、ニュージーランドの伝説的なレーベル Flying Nun での活動、そして契約へとつながっていた。2017年のデビューLP『Morningside』は、ゴージャスなメロディーに満ち、Frankie Cosmos、Japanese Breakfast、そして当時のドリームポップの風景に影響を受けている。

表題曲「Break!」のMV公開!

収録曲「Winter」のMV公開!

2018年末にレコードのためのツアーを終えたアメリアは、深い燃え尽き感と、それ以上に、彼女の人生全般において「歯車が外れ始めている」ことを感じていると話す。

もはやストイックで強くあることは、自分自身にとって最高のことだった。私の人生でうまくいっていない人々や物事をあきらめることは、私が背負っていたこの重荷をようやく下ろすことができるこの大きな解放であり、それ以来、私の人生全体においてすべてが良くなっています。自分の直感が聞こえるし、曲も書けるし、クリエイティブになれる。レコード契約もしたし、自分の家にも引っ越したしね。

と、彼女は安堵の声を上げながら話す。Partisan Records の新レーベル section1 の新メンバーとして新たなスタートを切る。90年代風のファジーなギターと透明感のある歌詞 (タイトル曲の “Something’s gotta give / Something’s gotta change / You’re just trying to live / I’m just gonna break”) で構成された『Break!』は、緊張感に満ちたEPに感じられるが、その実態は極めて重要な解放のひとつなのだ。ギターを弾くことで得られるカタルシスと、Blur や Nirvana のようなバンドへの愛情を込めている。

『Break!』ストリーミング

今、私は不思議なことに無敵だと感じていて、以前のように物事が染み込んでくることはありません。そして、それを音楽と Fazerdaze としての活動に反映させることが、今の私の仕事だと感じています。大人になってからの旅は大変だったから、次の人たちが少しでも楽になるような旅ができれば、私は地球上で少しは役に立てたのかもしれない。