カナダのシンセポップ・デュオ Sorry Girls、2ndアルバム『Bravo!』をリリース!

記事には広告を含む

カナダ・モントリオールのシンセポップ・デュオ Sorry Girls、ニューアルバム『Bravo!』を Arbutus Records から 6/2 リリース!ニューシングル「Prettier Things」のミュージックビデオを公開しました。Sorry Girls は、暗闇から光に向かって踊り出した。2015年の結成以来、Heather Foster Kirkpatrick (ヘザー・フォスター・カークパトリック) と Dylan Konrad Obront (ディラン・コンラッド・オブロント) のモントリオール・デュオは、不気味で夢のようなサウンドを、快楽を求めるみずみずしいポップに変貌させた。

先行シングル「Breathe」のMV公開!

デビュー・アルバム『Deborah』を発展させ、巧みにアレンジされたセカンドアルバム『Bravo!』は、スタジアムの後列に向かって歌い、パーソナルな歌詞に新たに焦点を当て、リスナーを内側に引き込んでいる。

収録曲「Prettier Things」のMV公開!

収録曲「Aftermath」のリリックビデオを公開!

これらの曲はすべて、自己受容、自己確認、個人の自由、そして手放すことについて歌っている。創造的なプロセスそのもの、アイデンティティの形成、そしてそれらがどのように絡み合っているかについての歌詞がたくさんある。

収録曲「Sorcery」のMV公開!

Sorry Girls の影響はその後のリリースごとに進化しているが、『Bravo!』ほどライブ・バンドのようなサウンドはない。「Sorcery 」のドラマチックなサウンドは Talk Talk の手法を取り入れ、「The Exiles」は Sorry Girls の真のスプリングスティーンアンセムで、彼ら自身の Clarence Clemons が参加しています。この曲について Kirkpatrick は、「正直さ、自分自身に嘘をつかないこと、そしてより美しい真実の背後に隠れることについて歌った別れの曲」と語っている。

『Bravo!』ストリーミング