ロンドンのバンド Daughter、7年ぶりの3rdアルバム『Stereo Mind Game』を 4/7 リリース!

ロンドンのオルタナロック・バンド Daughter、実に7年ぶりのニューアルバム『Stereo Mind Game』を 4AD / Glassnote から 4/7 リリース!先行シングル「Be On Your Way」のミュージックビデオを公開しました。Daughter のエレナ・トンラは以下のメッセージを寄せています。

こんにちは。最後にここから手紙を書いてから、実に長い年月が経ちました…それらは充実したもので、山あり谷ありでした。この何年かの間に、あなたの人生にもたくさんのことが起こっていたのでしょうね。私は、あなたが今いる場所に、私の最高の願いを送っています。

私たちの Daughter のWEBサイトから再びあなたに手紙を書けることをとても嬉しく思っています。私たちはこの4月に新しいアルバムを出します。『Stereo Mind Game』というタイトルです。このアルバムは長い間、何年もかけて繊細に(もしかしたら強迫観念的に)つなぎ合わせ、これまでにないほど完成度の高いものにしようと制作してきたものです。過去のアルバムよりも楽観的な作品になったと思う(でも、まだ私の歌詞があるから…決して完全な太陽にはならない)けど、私の人生での経験、思考、感情、会話、思い出を記録しようとしたし、それらを聴けるもの、ポジティブなものに変えられたらと思う。さらに、歌詞がつながったり、親しみを感じたり、これが何らかの形で役に立ったり、数分の喜びや慰めをもたらすことができればと願っている。それは素晴らしいことだと思います。

もしあなたが今日の新曲を期待していたのなら、残念に思うかもしれませんね。私たちのアルバムからの最初の曲は月曜日(1月9日)にリリースされる予定です。「Be On Your Way」という曲で、愛(もちろん)、そして時間、距離、欠落、手放すことについての物語です。私はここ数年、今この瞬間をもっと大切にすることを学ぼうとしています。以前は、恋愛が終わる前にその別れを嘆き、それが誰かを愛することへの圧倒的な恐怖を生み出していました。だから、物事はその時その時で終わるということをもっと受け入れようと思っています。私の人生に入り、そして去っていく、すべての美しいつながりを完全に評価するために。

親愛なる読者、親愛なるリスナーの皆さん、私が音楽を作り続けることを許してくれて本当にありがとうございます。何ページもの詩を引き出しに隠していた子供時代も、自分の感情を理解するために歌を書いていた10代の私も、本当にありがとう。30代の今、こうして Igor (イゴール) や Remi (レミ) とバンドを組んで10年、今も作曲やレコーディングをしていると思うと、正直、夢のような話です。それを可能にしたのは、皆さんのサポートと優しい励ましの言葉です。本当に感謝してもしきれません。

私たちは新曲、新アルバムにとても満足していますし、皆さんと分かち合えることにとても興奮しています!(しばらくは、このような状況が続いていました。(しばらくは完成するかどうかわからず、飲み込まれそうでしたが、完成してとても誇りに思います!) お待たせしました。

月曜日の新曲と、新しいビデオも楽しんでもらえるといいな。そして、あなたが素敵な夜や一日、夢や白昼夢を見ることができますように

Elena x

エレナ・トンラは泳ぎが得意ではありませんが、『Stereo Mind Game』には海が広がっています。それは距離の問題だ。Daughter が7年ぶりに発表した3枚目のスタジオ・アルバムは、愛する人と、そして自分自身から切り離されることが何を意味するのかに取り組んでいる。Daughter の前作『Not to Disappear (2016)』が感情的な正直さに力を見出したのに対し、『Stereo Mind Game』は対立する感情を歓迎するものです。「絶対的なものの中で仕事をしないことです」と Igor は言います。10年以上にわたって最も暗い感情を描いてきた Daughter が、最も楽観的なレコードを作ったのだ。