UKのサイケロック・バンド Temples、4枚目のアルバム『Exotico』をリリース!

2023.01.06

UKのサイケロック・バンド Temples

Photo by ATO Records

UKのサイケロック・バンド Temples、約3年半ぶりのニューアルバム『Exotico』を ATO Records から 4/14 リリース!先行シングル「Gamma Rays」のミュージックビデオを公開しました。Temples、4枚目となるアルバムは、シンガー/ギタリストの James Bagshaw、ベーシストの Tom Walmsley、キーボード/ギタリストの Adam Smith、ドラマーの Rens Ottink によって夢見られた、ありえないほどユートピアな島という神秘的なコンセプトが設けられています。

先行シングル「Gamma Rays」のMV公開!

収録曲「Slow Days」のMV公開!

サイケデリア、クラウトロック、ドリームポップをコラージュしたこの作品は、無常、死、自然とのつながり、心の広大さなど、実存的なテーマを探求しながら、その世界にクリスタルのようなディテールで命を吹き込んでいます。この作品は、テンプルが今日最も先進的で、限りなく独創的なロックバンドの1つであることを確信させる、真に没入できる作品群となっています。

収録曲「Cicada」のMV公開!

2019年に南カリフォルニアで開催された Desert Daze フェスティバルで Sean Ono Lennon と初めて交わった彼らは、即座にソングライター/ミュージシャン/プロデューサーとの深い創造的なつながりを感じ、12日間にわたる『Exotico』セッションは、デビューアルバム『Sun Structures』(2014年にリリースした The Quietus は「聞くたびにさらにその中に埋め込まれていく、うっとおしい白昼夢」のシリーズと表現した) から固持してきた自己完結型のアプローチを大きく転換しました。クラシックの交響曲からイタリアンホラーのサウンドトラック、ブリル・ビルディング時代のガールズグループまで、あらゆるものにインスパイアされた作品にふさわしい選択です。

収録曲「Afterlife」のMV公開!

Temples にとって、『Exotico』を作るという行為は、彼らの想像力豊かな衝動と、現実世界からの逃避という理解しやすいニーズの両方を満たすものでした。

このアルバムは、基本的に、制作時に自分たちが喜びを見出すために作ったものだ。踊るための曲、一緒に考えるための曲があり、それを通して、僕らの音楽のボキャブラリーのあらゆる面を掘り下げることになった。 – James Bagshaw

曲の中には、実にさまざまな影響があり、それは、スタジオで自由に行動し、できる限り自発的に行動したことに起因している。 – Thomas Walmsley

収録曲「Oval Stones」のMV公開!

その自由度の高さから、Temples はクリエイティブなプロセスで残っている抑制を最終的に振り払いました。

私たちは、失敗や、楽器や自分の声の予測不可能さに魔法を見ることを学びました。ジャンルにこだわらないこと、あるいはジャンルにこだわらないことを教えてくれた。ジャンルは常にTemplesであるべきなんだ。 - James Bagshaw

プロデューサーに、Sean Ono Lennon、ミックスに Dave Fridmann (Beach House、Spoon、The Flaming Lips) を迎えた、Temples の意欲先。

『Exotico』ストリーミング

Sean Ono Lennon がリミックスを手がけた「Gamma Rays」のMVを公開!

関連記事
イベント情報
  • SONICMANIA 2024、第1弾アーティスト発表!

  • GAYLE (ゲイル) 初来日公演

  • アイルランドのオルタナロック・バンド NewDad 初来日公演

  • JP Cooper 来日公演

  • Alice Phoebe Lou 来日公演

  • Candy Dulfer 来日公演「We Funk Harder Tour 2024」