UKのエクスペリメンタル・バンド Mandy, Indiana、デビューアルバム『I've Seen a Way』をリリース!

Mandy, Indiana バンド

Photo by CAL MOORES

UKマンチェスターを拠点とする4人組エクスペリメンタル・ノイズ/バンド Mandy, Indiana (マンディ,インディアナ)、待望のデビューアルバム『I’ve Seen a Way』を Fire Talk から 5/19 リリース!先行シングル「Injury Detail」のミュージックビデオを公開しました。まるでインダストリアルな渦の中 … 洞窟、地下室、ショッピングセンターで録音された Mandy, Indiana のデビュー・アルバム『I’ve Seen a Way』は、あらゆる場所に同時に存在する。

先行シングル「Injury Detail」のMV公開!

Mandy, Indiana は、Scott Fair、Valentine Caulfield、Liam Stewart (Lonelady のツアーに参加したことがある) のメンバーから成る実験的プロジェクトである。そのサウンドは、ドラムマシン・スナップやパルスベースからホワイト・ノイズやローファイ・スカフまで、実験ノイズとダンスミュージックを融合させたインダストリアルなものになっている。

収録曲「Pinking Shears」のMV公開!

収録曲「Drag [Crashed]」のMV公開!

彼らの最初の録音は2019年頃に行われ、その後すぐに初期のシングルがリリースされ、絶賛された2021年の『…』EPでは、UKを代表するDJ/プロデューサーへ成長した Daniel Avery (ダニエル・エイブリー) のリミックスを含む初期の署名が寄せられ、Squid や Gilla Band のサポート・スロットが与えられた。後者の Daniel Fox は Robin Stewart (Giant Swan) と共にアルバムのいくつかの曲をミックスし、アルバムのマスタリングは Heba Kedry (Ryuichi Sakamoto、Bjork) によって行われた。

収録曲「Peach Fuzz」のビジュアライザーを公開!

Thomas Bangalter は、Special Interest と一緒に This Heat の Cold Storage 冷蔵庫のスタジオで週末を過ごし、最大限の効果を得るために最小限のセットアップを行いました。ファウンドサンプルを埋め込んだ、広大なパーカッシブな実験は、映画のサウンドトラックの戦略や実験的なビデオゲームへの斜めな言及によってアレンジされています。「私たちは、映画の言語が破壊された映画からインスピレーションを受けています」と、Julia Ducournau のナラティブ・デトルヌマンから大きな影響を受けている Fair は説明します。

私たちは、質感を変え、衝突を生み出し、期待していたことが起こらないような瞬間を作りたいのです。

『I’ve Seen a Way』は丹念に作り上げられたが、Mandy, Indiana が成功したのは予想外のことであり、その結果生まれたアルバムは今までになかったようなサウンドに仕上がっている。

収録曲「Pinking Shears」のライブ映像を公開!

マンチェスターの肥沃なインディペンデント・シーンで結成された Mandy, Indiana は、カオティックでありながら緻密に作られたサウンドを生み出し、Gaspar Noe、Leos Caraz、Irvine Welsh といった映画監督や作家の作品からインスピレーションを得たと語っている。Valentine Caulfield の母国語であるフランス語のボーカルは、前衛的な精神を表現するパフォーマンスアートと詩のレイヤーとして、イングランド北部の気風を忠実に再現しています。ノイズ、インダストリアル、テクノの擦れるような質感を行き来する彼らの音楽は、Giant Swan や Minimal Violence のような重要なライブアクトや、Girl Band や Housewives の型破りなギターワークが思い出される。

Mandy, Indiana のデビューEPは、彼らがこれまで歩んできた道、今いる場所、そしてこれから向かう先を記録している。前述した「Nike of Samothrace」と「Alien 3」が収録されており、「Daniel Avery」は後者のリミックスで、これまで隠されていた前兆のあるドローンを強調するために参加している。また、新曲「Bottle Episode」は、緊急性を失うことなくグループのサウンドをその骨格にまで戻している。また、新曲の「Bottle Episode」は、緊密なプログラム・ビートに静かな部分と大きな部分が混在しており、バンドが影響を受けているスカジーなギターとクラブ志向の傾向が見事に捉えられている。

ファウンドサンプルやフィールドレコーディングを取り入れた彼らの楽曲は、リハーサルルームやホームスタジオ、工場やショッピングモールなど様々な空間でレコーディングされています。例えば、「Bottle Episode」の最後に出てくるカタカタという足音、くぐもったピアノ、おしゃべりは、彼らの部屋の外のホールから取られたものだし、トイレの水滴、蛍光灯のブーンという音、通過する電車のリズムなども録音に取り込まれている。

実際に到着して録音を始めるまで、この空間がどのように聞こえるのかよくわからなかったんです。しかし、このランダム性を受け入れることで、何か解放されるような気がします。この瞬間を記録しておくのは素晴らしいことだ。

『I’ve Seen a Way』ストリーミング

Mandy, Indiana のデビューアルバム『I’ve Seen a Way』をヤバめなサウンド・システムで爆音で聴いたとしたら、ホワイトアウトならぬインダストリアルアウトして道を見失うかのような感覚に襲われます。このアルバムは、圧倒的なインダストリアル・マッドネスが渦巻く、驚愕の音楽体験を提供します!