UK大注目のエクスペリメンタル・バンド Mandy, Indiana、新曲「Injury Detail」をリリース!

Mandy, Indiana バンド

UKマンチェスターを拠点とする大注目の4人組エクスペリメンタル・ノイズ/バンド Mandy, Indiana がニューシングル「Injury Detail」を Fire Talk からリリース!Mandy, Indiana は、Scott Fair、Valentine Caulfield、Liam Stewart (Lonelady のツアーに参加したことがある) のメンバーから成る実験的プロジェクトである。

バンドは Gaspar Noe、Leos Caraz、Irvine Welsh といった映画監督や作家の作品からインスピレーションを得たと語っている。コーフィールドの母国語であるフランス語のボーカルは、前衛的な精神を表現するパフォーマンスアートと詩のレイヤーとして、イングランド北部の気風を忠実に再現しています。ノイズ、インダストリアル、テクノの擦れるような質感を行き来する彼らの音楽は、Giant Swan や Minimal Violence のような重要なライブアクトや、Girl Band や Housewives の型破りなギターワークが思い出される。

Mandy, Indiana のデビューEPは、彼らがこれまで歩んできた道、今いる場所、そしてこれから向かう先を記録している。前述した「Nike of Samothrace」と「Alien 3」が収録されており、「Daniel Avery」は後者のリミックスで、これまで隠されていた前兆のあるドローンを強調するために参加している。また、新曲「Bottle Episode」は、緊急性を失うことなくグループのサウンドをその骨格にまで戻している。また、新曲の「Bottle Episode」は、緊密なプログラム・ビートに静かな部分と大きな部分が混在しており、バンドが影響を受けているスカジーなギターとクラブ志向の傾向が見事に捉えられている。

リハーサルルームやホームスタジオ、古い工場やホールなど、様々な場所で録音された。例えば、「Bottle Episode」の最後に出てくるカタカタという足音、くぐもったピアノ、おしゃべりは、彼らの部屋の外のホールから取られたものだし、トイレの水滴、蛍光灯のブーンという音、通過する電車のリズムなども録音に取り込まれている。

実際に到着して録音を始めるまで、この空間がどのように聞こえるのかよくわからなかったんです。しかし、このランダム性を受け入れることで、何か解放されるような気がします。この瞬間を記録しておくのは素晴らしいことだ。