The Lemon Twigs、4枚目のアルバム『Everything Harmony』をリリース!

2023.01.03

The Lemon Twigs、4枚目のアルバム『Everything Harmony』を 5/5 リリース!

NYロングアイランド出身の天才ダダリオ兄弟率いるインディーロック・バンド The Lemon Twigs が Captured Tracks と契約!通算4枚目のスタジオ・アルバム『Everything Harmony』を 5/5 リリースをアナウンス。先行シングル「Corner Of My Eye」のミュージックビデオを公開しました。本作『Everything Harmony』は、バンドとしてはもちろん、若手としての年齢をはるかに超えた感情の深みと音楽的洗練された美しさを13のオリジナル曲で表現しています。

先行シングル「Corner Of My Eye」のMV公開!

彼らは、あらゆるものから影響を受けた音楽を貪欲に吸収しながらも、どうにかして、この困難な時代に語りかけるような、まとまりのあるダイナミックなサウンドに到達したのです。2016年の早熟なデビュー作『Do Hollywood』で音楽シーンに躍り出た彼らは、その2年後に発表した『Go to School』で警戒心をむき出しにしました。3枚目のアルバム『Songs for the General Public』(2020年)の頃には、The Lemon Twigs は幅広い多世代からのインスピレーションを引き出し始め、ツイー・チェンバー・ポップのバラードからグラム・パンク全開まで巧みに操り、シンガーソングライターの平凡な告白とシド・バレットばりの奇抜なポップ感覚をミックスしてみせた。当時のインタビューでは、ヴォーカル・ハーモニーをベースにした「本当に美しい音」を作ることに興味を示し、「音は曲と同じくらい重要である」という設定で、彼らのメロディー・センスを発展させたと述べている。

収録曲「Any Time Of Day」のMV公開!

『Everything Harmony』では、そのビジョンを完全に実現し、兄弟が受けた多様な影響を表現しながら、それぞれの個性をうまく融合させた「The Lemon Twigs サウンド」を作り上げています。サイモン&ガーファンクルのレコーディングのような洗練された壮大さを感じさせる、淡々としたアコースティック・フォーク「When Winter Comes Around」でアルバムは始まり、すぐに陽気なクラシック・ポップのモチーフ「In My Head」に切り替わります。この時点から『Everything Harmony』は、The Lemon Twigs が固定された存在ではないことを明らかにしている。

収録曲「In My Head」のMV公開!

最近、Weyes Bloo dの最新アルバムに一緒に参加した Natalie Mering のような友人と仕事をした彼らは、クラシックロックの英雄 Todd Rundgren の最新アルバム『Space Force』でコラボレーションをしたこともありました。ラングレンは、コンテンポラリーポップに対する彼らのタイムトリップ的なアプローチに共感しているという。

彼らは5、6歳の頃からTVやブロードウェイで活躍していた。だから、自分たちより何世代も前の音楽が好きなんだ。自分たちの世代の音楽に退屈して、未来の音楽に早送りできないから、自分が生まれる前に作られた音楽に遡るようになったんだと思うんだ。私も70年代にそうだったから、その衝動には共感するよ。

アルバムのティーザー・トラックとして発表された「Corner of My Eye」は、ブライアン・ウィルソンのチェンバー・ポップを思わせるムーディーでヴィブラフォンの効いたバック・トラックに、アート・ガーファンクル風のボーカル・メロディが乗っている。『Everything Harmony』は2020年から2021年にかけて作曲とレコーディングが行われ、マンハッタンの「非常に混沌とした」リハーサル・スタジオでアルバムのトラッキングが開始された。「そこは私が今まで行った中で最も騒がしい場所のひとつだった」とブライアンは言う。

収録曲「Every Day Is The Worst Day Of My Life」の試聴が開始!

隣でメタル・バンドがリハーサルをしていたり、消防車が8番街を轟音で走っていたりする中で、アコースティック・ギターのテイクを録ったんだ。そこで何ヶ月もセッションをして、「Corner Of My Eye」、「In My Head」、「I Don’t Belong To Me」、「What Happens To A Heart」、「Ghost Run Free」、「New To Me」の基本トラックを録音したが、もういいと思い、Weyes Blood の最新作のレコーディング中に East West の音響反響室を聞いてから、音響反響室を持つスタジオを探した。

彼らはついに街を出たが、再び「ハリウッドをやる」のではなく、サンフランシスコのハイド・ストリート・スタジオにテープを持って行き、そこでアルバムに遍在するヴィブラフォンのテクスチャー、ハープシコード、フレンチホルン、弦、そして何層ものボーカルハーモニーを追加したのだ。そして、ブルックリンの新しいスタジオに戻り、Bug Sound の Paul Millar の協力のもと、ミキシングとマスタリングを完成させた。

NYの Irving Plaza で行われた「Ghost Run Free」のライブ映像を公開!

ブライアンは、今回特に Moondog と Arthur Russell の2人のアーティストから影響を受けたと語っている。彼らのアルバム『Iowa Dream』は、彼らに自分たちのメロディックな傾向への傾倒と繊細なアレンジを維持するよう促した。

このアルバムでストリングスのアレンジをした時に、彼らのアレンジが頭に浮かんだんだ。ボーカルのブレンドにも長い間取り組んだ。これまでのアルバムでは、曲を書いた人がその曲のハーモニーをほとんど(全部ではないにしても)担当することがあったが、このアルバムではそうではない。僕らのブレンドは強みだから、それをできるだけ生かそうとしたんだ。

『Everything Harmony』は、共通の血と共通の目的から生まれた統一された曲のサイクルです。2人の音楽家は1人よりも優れており、アイディアを引き出すのに不足はない。彼らの唯一の障害は、時間と、自分たちの音楽的インスピレーションを維持するための挑戦です。

私たちは直感を共有し、互いに影響し合う傾向がある」とブライアンが言うように、このアルバムの歌詞のアイデアは互いに補完し合う傾向がある。

『Everything Harmony』ストリーミング

僕らにとって作曲は決して問題ではないんだ。時間がかかるのは、完成させ、編集し、まとめることなんだ。僕たちは曲の網の目の中に閉じ込められているんだ!

米のTV番組 The Tonight Show に出演した「My Golden Years」のパフォーマンス映像が公開!

tracklist:
1. When Winter Comes Around
2. In My Head
3. Corner Of My Eye
4. Any Time Of Day
5. What You Were Doing
6. I Don’t Belong To Me
7. Every Day Is The Worst Day Of My Life
8. What Happens To A Heart
9. Still It’s Not Enough
10. Born To Be Lonely
11. Ghost Run Free
12. Everything Harmony
13. New To Me

関連記事
イベント情報
  • ジルベルト・ジル「アケリ・アブラッソ・ジャパンツアー 2024」の開催が決定!

  • IU (アイユー) 来日公演「2024 IU H.E.R. World Tour Concert」

  • Charlotte Day Wilson 単独公演が決定!

  • Sammy Hagar (サミー・ヘイガー) 来日公演

  • Kiasmos 初来日公演が決定!

  • The Last Dinner Party 単独公演