ナッシュビルのシンガー/ギターの名手 Sunny War、4枚目のアルバム『Anarchist Gospel』をリリース!

ナッシュビルを拠点に活動するシンガーソングライターでギターの名手 Sunny War (サニー・ウォー)、ニューアルバム『Anarchist Gospel』を New West から 2/3 リリース!先行シングル「No Reason」のミュージックビデオを公開。Sunny War は、「自分には2つの面があるように感じる」と言う。「そのうちのひとつは自己破壊的で、もうひとつはもう半分と協力して物事のバランスを保とうとしているんだ。」彼女の4枚目のアルバム『Anarchist Gospel』は、自己破壊的な側面が勝つように見えた時代を記録したもので、その対立が中心となっています。

David Rawlings をフィーチャーした「Higher」の試聴が開始!

極端な感情はその戦いをより危険なものにするが、サニーはそのような試練から、まるで自分の考えを伝えるためにあらゆる力を結集するかのように、さまざまなアイデアとスタイルを駆使した楽曲群を作り上げた。恍惚としたゴスペル、埃っぽいカントリーブルース、思慮深いフォーク、轟音のロックンロール、さらには前衛的なスタジオ実験。彼女はそれらを融合して、力強いサバイバルのステートメントを作り上げ、心地よい決まり文句を許さない探究心のあるソングライターと、全曲を通してスパイダーなリフを展開する非常に革新的なギタリストであることを明らかにしている。

『Anarchist Gospel』ストリーミング

『Anarchist Gospel』は、癒しではなく、回復力と忍耐を約束し、当たり前だと思わないからこそ、激しい感情のプレッシャーに耐え、生きることの痛みを認めながら、自分たちのすぐ向こうにある何か、悪いことと良いことの間のバランス感覚を探し求めている。