ロンドンのティーンエイジャー Eaves Wilder、デビューEP『Hoocky』を Secretly Canadian から 3/24 リリース!

2022.12.01

ロンドン注目のティーンエイジャー Eaves Wilder (イーブス・ワイルダー)、4曲い入りのデビューEP『Hoocky』を Secretly Canadian から 3/24 リリース!ニューシングル「Morning Rain」、「Are You Diagnosed?」のミュージックビデオを公開しました。ロンドンで生まれ育った Eaves Wilder は、8歳頃から作曲を始め、60年代のモータウンのレコードや Lily Allen のレフトフィールド・ポップに早くから傾倒していた。The Sundays の Harriet Wheeler の声と自分の声の共通点を見つけ、Grimes が自分の声で歌っているのを聞いて自分の舌足らずに馴染んだという。Eaves のインスピレーションは尽きないが、特にこのトリオは、彼女自身のサウンドの原点を示している。ライオット・グロールというジャンルを牽引した怒り、シューゲイザーから得た残響の壁、そして繊細なヴォーカルをまとめ、Eaves Wilder は自分自身を獲得したのである。

収録曲「Are You Diagnosed?」のMV公開!

2021年に Secretly Canadian と契約したのは、母親にレコード契約のサインをしてもらうのは格好悪いと思い、18歳まで待ったことだった。”契約すべきトップレーベル” と書かれた古い学校の教科書を見つけた Eaves にとって、それは偶然にも10代の夢を実現させるものであり、Secretly Group はその切り札となった。「お気に入りのアーティストについて調べていたら、Sharon Van Etten と Angel Olsen がここにいるのが見えたの」と彼女は言う。

今、彼女はかつての自分への怒りと、より小さなスペースを取りたいという願望を告白し、フェミニストの啓示を受けて、今は10代の自分のような女の子のために曲を書きたいと考えているそうです。

私は曲を聴く人を想像して曲を作ります。それはいつも、とても悲しく、孤独な14歳の少女のようなものです。その子が誰であれ、聴いて、まさに私が経験していることだ、この人は理解してくれている、私は一人じゃないんだ、と思ってもらいたいの。

Eaves Wilder は、デビューEP『Hookey』について以下のように述べている。

基本的に寝不足になることです。私は10代のほとんどを学校の音楽室でフーキーに費やしていました。そこで曲を作り、楽器を独学したんだ。Are You Diagnosedは文字通りフランス語のGCSEの授業中に書いたものだし、「Morning Rain」の最初のデモは6年生の時に机の下でミックスしたのを覚えている。歌詞、プロダクション、メロディーを通して、私が一番大切にしているのは常にできるだけ多くのフックを加えること。作曲やジャムをするときの私の内なる対話は、「MAKE IT MORE HOOKEY!!」です。

それぞれの曲は、私がどこにいて、なぜそこにいなかったのか、という異なる視点を持っています。「Morning Rain」は最も直接的な例だけど、診断された(病院で)Jumper(クソガキを避けて)connect the rooms(自分の部屋でハイになって音楽を作っている)これは進歩の過程を示している。病院で自分の意見を言えない状態から始まり(文字通り)、自分が作ってきた秘密の曲を共有することを決意して終わる。

関連記事
イベント情報
  • アイルランドのオルタナロック・バンド NewDad 初来日公演が決定!

  • USインディーロック・バンド Real Estate の来日公演が決定!

  • FUJI ROCK FESTIVAL '24

  • Chris James (クリス・ジェームズ) 初来日公演

  • Yes (イエス) デビュー55周年記念公演の開催が決定!

  • LANY 来日公演