Tanukichan、5年ぶりのセカンドアルバム『GIZMO』を 3/3 リリース!

オークランドに拠点を置くマルチインストゥルメイタリスト Hannah van Loon によるソロ・プロジェクト Tanukichan (タヌキチャン)、ゲストに Toro y Moi、Enumclaw が参加した5年ぶりのセカンドアルバム『GIZMO』を Toro y Moi が主催する Company Records から 3/3 リリース!先行シングル「Make Believe」のミュージックビデオを公開しました。この曲について彼女は、次のように述べています。

先行シングル「Make Believe」のMV公開!

何も信じず、何も持たず、ただベストを尽くすのは気分がいい

パンデミックに見舞われたとき、Hannah van Loon は Gizmo という名の犬を飼い始め、ベイエリアのミュージシャンが Tanukichan としてセカンドアルバムを書く間、必要な仲間になった。4本足の新しい友達の名前にふさわしく、『GIZMO』は、強制的な監禁という状況的な障害から、あるいは自ら課した快楽的な対処法から、解放されるためのエクササイズである。私が常に抱いていたテーマは逃避でした」とヴァン・ルーンは2018年の『Sundays』に続く作品について説明する。

自分自身、自分の問題、悲しみ、サイクルからの逃避。

収録曲「Don’t Give Up」のMV公開!

『GIZMO』に求めたより高揚した精神を注ぎ込むために、Hannah van Loon は彼女の子供時代のラジオ・ポップ・ロックに目を向けた。「歌詞の中にある率直なポジティブさに衝撃を受けた」と、彼女は 311、The Cranberries、Tom Petty といったアーティストを引き合いに出しながら付け加えている。

自分が取り組んできた悲しくてどうしようもない感情を書きながら、そのポジティブさをもたらしたいと思った。

しかし、『GIZMO』の軽快さは、それを浅はかなものにはしない。と彼女がつぶやく「Don’t Give Up」は、ニューメタルとコクトー・ツインズが融合したようなグルーヴで、依存していた人間関係が一瞬にして消え去ることを実感させる。『GIZMO』では Toro y Moi の Chaz Bear が主にコラボレートしており、ジャングリーでポップな「Take Care」では、Bear のサイケジョイントである『What For?』や『Mahal』を思わせる大きく歪んだインユアフェイスなギターワークを見せてくれる。Enumclaw をフィーチャーした催眠的なウォール・オブ・サウンド・ロック「Thin Air」では、Hannah van Loon が The Smashing Pumpkins の勝利のグリットを表現しながら、最も影響力のある人間関係の無常さについて考えている。

私はいつも思い出を持っている/あなたが私に見せてくれた方法/彼らが海に落ちるまで/彼らは泳いでいない/彼らは浮いていない。

実存主義はさておき、『GIZMO』はまた、Hannah van Loon が彼女の音の快適ゾーンから脱却するのを見る。「メロドラマと気まぐれの間を優雅に行き来する、高揚感とほろ苦さのある「Been Here Before」では、「前にここにいたことがあるから、何かを学ぶことができる」と歌っています。Deftones にインスパイアされたスラッシュドラムと金切り声を上げるエレキギターが、Hannah van Loon の催眠術のような、ほとんど無表情なボーカルスタイルと、彼女が「かわいい」と表現する透き通ったアコースティックギターと優雅なコントラストを成しているのです。Hannah van Loon がアルバムを完成させた直後に突然この世を去った犬のギズモは、ジャケットの写真とともに不滅であり、Tanukichan の新時代を象徴するにふさわしい存在である。