Ty Segall が妻の Denée と組んだバンド The C.I.A. ニューアルバム『Surgery Channel』をリリース!

2022.10.21

Ty Segall (タイ・シーガル) と妻の Denée、そして Emmett Kelly によるバンド The C.I.A. がセカンドアルバム『Surgery Channel』を IN THE RED から来年 1/20 リリース!先行シングル「Impersonator」のミュージックビデオを公開しました。病んだリズムの中に足を踏み入れよう。そして、病的であるという意味だ。『Surgery Channel』は、すべてが突き刺さるようにピンポイントに構成された世界。一言一句が対立をもたらす。このように親密で不快なイントロで、The C.I.A. はここで何が起こっているのか…あるいは彼らが何を狙っているのか、疑問を抱かせるのだ。

先行シングル「Impersonator」のMV公開!

Denée Segall (ボーカル、歌詞) は、その声で私たちを悩ませ、同時に誘惑している。何か動揺するようなことが起ころうとしているのかもしれないし、彼らはそれを冷静に頭の上にぶら下げているのだ。それは四肢切断の可能性か?リベンジか?『Surgery Channel』には、無菌的であると同時に汚れにまみれた何かがある。怒りと敗北を同時に感じるのかもしれない。その後に来るものなのかもしれない。あるいは、音符と言葉の間にある、ほんのわずかな沈黙の空間についてかもしれない。空白の時間がなければ、リズムは成り立たない。The C.I.A. では言葉がリズムだ。

収録曲「Inhale Exhale」の試聴が開始!

The C.I.A. や彼らのサウンドには、気まぐれなところがない。しかし、それは警告であり、病室のようにカチカチと音を立てるドラムマシンのビートがサスペンスを増幅させるのだ。Ty Segall (ベース、パーカッション、バックボーカル) と Emmett Kelly (ベース、シンセ、バックボーカル) は、Denée の物語の背後に、耳障りで不協和な風景を描いている。彼らのベースは骨用ドリルと入れ替えても見分けがつかないかもしれない。Emmett のモジュラーシンセは、ワイヤーと脈打つ赤い光が混在する楽器そのものを連想させるような環境を作り出します。

収録曲「Bubble」のMV公開!

Ty の電子音とアナログパーカッションの微妙な使い分けは、金属製のトレイが床に当たる音 (“The Wait”) と超音波スキャンの音 (“Bubble”) の間を行き来している。時に、探られ、調査されているような感覚を映し出す。この現実は、CIAの職員が生きてきたと考えることもできるが、ほとんどのリスナーはそれを恐れるしかないだろう。では、この描写のどこまでが想像の産物なのだろうか。

『Surgery Channel』ストリーミング

このレコードは鋭い観察眼と露骨な批評である。内向きと外向きの両方だ。そのプロセスがいかに過酷に親密なものであるかを探求しているのだ。2021年に Denée Segall、Ty Segall、Emmett Kelly によって書かれた。録音は Harmonizer Studios で行われ、ミックスは Golden Beat で Mike Kriebel が行った。

関連記事
イベント情報
  • アイルランドのオルタナロック・バンド NewDad 初来日公演

  • Jorja Smith (ジョルジャ・スミス) 来日公演

  • Gryffin (グリフィン) 来日公演

  • アバンギャルディ、2nd LIVE「-宣戦布告-」の開催が決定!

  • RAVEN & NIGHT DEMON 来日公演

  • カネコアヤノ Livehouse Tour 2024 の開催が決定!