Bonobo、アルバム『Fragments』と同時期に制作されたニューシングル「ATK」をリリース!

グラミー賞に5回ノミネートされたミュージシャン/プロデューサー/DJの Bonobo (ボノボ) が、2022年1月にリリースしたニューアルバム『Fragments』以来のニューシングル「ATK」を公開しました。このシングルは、Ninja Tune と提携した彼のレーベル OUTLIER からリリースされ、今朝の Apple Music の New Music Daily で紹介されました。「ATK」は、『Fragments』と同時期に制作された作品です。

最初は Atakora Manu の「Dada」のDJエディットだったんだけど、何か充実した独自のトラックになっていった。アルバムに収録するには少しバッシーすぎると感じたので、よりダンスフロア向けの OUTLIER のリリースとして残しておきたかった。

と Bonobo は言う。Manu は、60年代後半に Moses Kweku Oppong と伝説の Kakaiku No.2 Band を結成し、影響力のあるガーナのハイライフギタリスト、作曲家、スタジオエンジニアであった。「ATK」は、McGloughlin Brothers (A$AP Rocky, Max Cooper) が監督したビデオで、視聴者を様々な質感、風景、形の中を列車で旅するように連れて行きます。このビデオは、グラフィティ、カラフルな窓や壁、ポルトガルのタイル、そして世界中の駅が、曲のテンポの速いビートに合わせて映し出されています。

私たちは、セレンディピティと知覚のアイデアを具現化したミニマルな映画を作りたかったのですが、世界は自発的に珍しい方法で姿を現すことができるのです。もしあなたが、電車の窓から電線やタイルが織り成す不思議なダンスを見たことがあるとしたら、それこそ私たちがこの映画で撮りたかったものです。私たち自身の生きた「ゾエトロープ」です。 – McGloughlin Brothers

フジロック22に出演した「Otomo」のライブ映像が公開!

Bonobo にとって、今年はとてつもない年だった。『Fragments』はビルボードの Top Dance / Electronic Albums チャートで3位、UKの Official Albums チャートで5位を記録した。また、第64回グラミー賞に2回ノミネートされ、1回は自身のレーベル OUTLIER からリリースされた「Heartbreak」で、NPR Tiny Desk デビュー、KEXP とのライブセッション、グラストンベリーから BBC Radio 1 Essential Mix スペシャルでホストを務めました。The Fader、Billboard、WNYC のインタビューで Bonobo は、2020年からLAのスタジオで『Fragments』を制作する中で、世界が止まっている間に創造的なインスピレーションを見つける苦労を語っています。

Bonobo は、4大陸で記録を塗り替える大規模なワールドツアーの真っ最中です。最近、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行った5日間の公演は、ソロミュージシャンとして最長の連続公演となり、エレクトロニックアーティストとしても史上最長の公演となりました。また、6月に開催された世界最大の音楽・舞台芸術フェスティバルであるグラストンベリー・フェスティバルでは、わずか24時間の間に4回の公演を行い、オーストラリアでのツアーを終えたばかりで、バルセロナのソナーや日本のフジロックフェスティバルでも公演を行いました。フルバンドでの北米ツアーは、9月19日のトロントからスタートします。9月25日にはブルックリン・ミラージュ、10月20日にはバークレーのグリーク、10月22日にはロサンゼルスで公演が行われます。この『Fragments』ツアーで、Bonobo は、全世界で75万人以上のファンを前にプレイすることになります。

ダンスミュージック界の大御所である Bonobo は、世界最大の音楽フェスティバルのメインステージで人気を博し、ロンドンのアレクサンドラ・パレスからレッド・ロックスまでの伝説的な会場をソールドアウトさせてきました。また、Erykah Badu や Jon Hopkins など幅広いアーティストと仕事をし、Gorillaz や Michael Kiwanuka のリミックスも手掛けています。その他のコラボレーションには、Jamila Woods、Joji、Kadhja Bonet、Jordan Rakei、O’Flynn、Miguel Atwood-Ferguson などがあり、『Fragments』に収録されているのは全てこの作品である。