ガレージ・パンクの救世主 Black Lips、ニューアルバム『Apocalypse Love』をリリース!

Photo by Alexandra Cabral

アトランタのガレージ・パンクの救世主 Black Lips (ブラック・リップス)、ニューアルバム『Apocalypse Love』を Fire Records から 10/14 リリース!先行シングル「No Rave」のミュージックビデオを公開しました。Black Lips のニューアルバム『Apocalypse Love』は、認識されているすべての音楽的ベースを低温で変異させたもので、ソ連のビンテージシンセ、ベンゼドリンの陶酔、クーデター、盗んだ勇気、認定された破壊、流砂の創造的使用に関する物語が、黒い夕日を背景に紡がれている。

先行シングル「No Rave」のMV公開!

アトランタのガレージから遠く離れた場所で、バンドの新しい時代を提唱する Black Lips は、Ghost Rider やタランティーノ、Morricone のようなサウンドに彩られたレコードで戻ってきた。『Apocalypse Love』は、あなたの心の奥底にあるダイブバーのジュークボックスから発せられる。プレイリストは、タブでドゥームグラム、プラスティック・オノ・バンドの歌、カクテルシェイクのスペースエイジポップ、疎遠なホンキートンク、ローファイなアウトサイダーアコースティックパンクの間で変化し、マリアッチホーン、テルミン、ドラムマシン、リアルハーモニー、感染性のメロディがフィルターに掛けられている。

素晴らしい新章 … 世界は燃えているかもしれないが、少なくとも我々には Black Lips がいる。 – The Line Of Best Fit

収録曲「Lost Angel」のMV公開!

Black Lips の急速なスタイルの進化は、数十年にわたる多作なツアーとリリースによってもたらされ、巨大な会場、ネットワークテレビ番組、主要な音楽フェスティバルなど、それまでガレージパンクバンドが到達できなかった場所に彼らを連れて行きました。自分たちが知っている方法で生計を立て、ヒーローのように道を焼き尽くし、ハイウェイでメンバーを得たり失ったりしていた。

バンドを組んで、ライブをやるしかなかった。レコーディングのやり方も知らない。当初はライブのシミュレーションをしていたんだけど、レコーディングは煙の充満したクラブの中にいるようなものだった。多くの人が僕らがわざとローファイにしようとしていると思ったと思うけど、そうじゃなかったんだ。

と Jared Swilley は付け加える。2020年の Fire Records からのデビュー作『Sing In A World Falling Apart』は、これまでで最も厳しく、最も危険で、最高の楽曲集であり、新たな成熟を見せつつ、彼らの影響力のある南部特有のツイストを効かせ、トレーラーパークの苦悩とラバールームの狂気を同時進行させる。

1999年に結成され、2003年にセルフタイトルのデビュー・アルバムをリリースした後、2004年の『We Did Not Know The Spirit Made The Flowers Grow』でファン層を拡大。2007年にリリースされた『Good Bad Not Evil』により、バンドは大西洋の両岸のテレビ画面に登場するようになりました。Mark Ronson、Sean Lennon、The Black Keys の Patrick Carney らがプロデューサーに就任し、ツアーの勢いが増していく。2013年には秘密兵器 Zumi Rosow が加わり、後にドラムの Oakley Munson とギタリストの Jeff Clarke が加わった。

『Apocalypse Love』ストリーミング

バンドが3年目に突入し、大規模なツアーを控えている今、『Apocalypse Love』は Black Lips が決して衰える気配を見せないことを証明している…。