Belle and Sebastian、再開された NPR Music の人気企画タイニーデスク・コンサートに出演したライブ映像が公開!

NPRのデスクでタイニーデスク・コンサートの撮影を再開した今、私は、昼間のオフィスで、数メートル先にファンがいる中でパフォーマンスをしようとする、ほとんどのアーティストを取り巻く緊張したエネルギーを目の当たりにすることになった。Belle and Sebastian (ベル・アンド・セバスチャン) の8人のメンバーが、「Unnecessary Drama」でウォームアップを始めたとき、それは確かにそうだった。これは Belle and Sebastian のニューアルバム『A Bit of Previous』に収録されている曲のタイトルであり、これから繰り広げられる展開を私が説明したものではない。しかし、その緊張感は否定できない。

この部屋ではシンガーの声を増幅しないし、モニタースピーカーも使わないんだ。しかし、そのためにスチュアート・マードックには自分の歌声がよく聞こえない。実際、彼はドラム、キーボード、ギター、ベースなどのアンサンブルをタイニーデスクで行うことに疑問を持ち始め、すべてを破棄して彼とギター、そしてもう一人のプレイヤーで行うことを考えました。しかし、バンド全体の音量に少し手を加え、いくつかのランスルーを行い、ハンドヘルドマイクという生き物のような快適さで、グラスゴー出身のバンドは魅力的で壮大な存在となりました。

Belle and Sebastian は、サウンドトラック2曲を除く9枚目のアルバム『A Bit of Previous』から3曲を披露した。最後は、デビュー25周年を迎えたアルバム『If You’re Feeling Sinister』に収録されている名曲「Judy and the Dream of Horses」で、楽しいステージを締めくくった。問いかけるような歌詞と若々しいイメージ、ゲストのトランペッターとリズムの疾走感で、Belle and Sebastian はタイニーデスクで華やかにドラマチックな足跡を残しました。

text by ボブ・ボイレン