Big Thief、NPR Music の人気企画 Tiny Desk (Home) コンサートに出演したライブ映像が公開!

2022.07.20

NYブルックリンのフォークロック・バンド Big Thief、NPR Music の人気企画 Tiny Desk (Home) コンサートに出演したライブ映像が公開!以下 NPR Music のボブ・ボイレンの紹介文です。私は友人が自宅で心地よく演奏しているのを見るのが大好きで、特にその友人が私の好きなバンドのメンバーである場合はなおさらです。この Tiny Desk (Home) コンサートで見られるのは、私が普段大きなステージでBig Thief に感じる激しさの代わりに、遊び心が感じられるものだ。このバンドは、2016年のデビュー作『Masterpiece』に始まり、2022年の2枚組アルバム『Dragon New Warm Mountain I Believe in You』など、ここ数年、私のベスト盤を数多く作ってきた。

このセットの最初の3曲はすべてそのアルバムからで、シンガーの Adrianne Lenker が書いたもので、「Certainty」はギタリストの Buck Meek と共作している。Big Thief の曲には、優しい物語や詩的で遊び心のある言葉が多く含まれています。Adrianne Lenker の多くのソロ・アルバムや、Buck Meek の2021年のソロ・アルバム『Two Saviors』にも同じことが言えると思う。ドラマーの James Krivchenia は Big Thief の最近のアルバムと、自身の2020年のアンビエント・アルバム『A New Found Relaxation』をプロデュースしている。”風の強いコネチカット” にある家の最上階で行われたこの親密なアコースティック・セットでは、Max Oleartchik がアップライト・ベースを演奏している。

ここにはちょっとした「Hold on to your hat」のような雰囲気があり、プレイヤーは互いにサプライズを期待して様子を伺っている。James Krivchenia のバンジョー・パーカッション、「Certainty」の疾走するリズム、4人のミュージシャンが声を出して歌うコーラス……その展開がとても楽しい。最後の曲は最大のサプライズだった。Big Thief が演奏してきた未発表曲で、その名も「Happiness」。

関連記事
イベント情報
  • Turnstile (ターンスタイル) の東京/大阪公演

  • Omar Apollo (オマー・アポロ) 単独公演

  • GIPSY KINGS (ジプシー・キングス) 来日公演

  • CARIBOU、バンドセットでの来日公演が決定!

  • SONICMANIA 2024、第1弾アーティスト発表!

  • アイルランドのオルタナロック・バンド NewDad 初来日公演が決定!