of Montreal、通算17作目のアルバム『Freewave Lucifer fck』を 7/29 リリース!

奇才ケヴィン・バーンズ率いるインディーポップ・バンド of Montreal (オブ・モントリオール)、通算17作目のニューアルバム『Freewave Lucifer fck』を 7/29 リリース!先行シングル「Marijuana’s A Working Woman」のミュージックビデオを公開しました。H.G.ウェルズの『タイムマシン』、『ターミネーター』シリーズ、『アベンジャーズ/エンドゲーム』など、クリエイターが時間と空間をどう経験するかをいじくり回すと、素晴らしいフィクションが生まれます。

先行シングル「Marijuana’s A Working Woman」のMV公開!

しかし、時間の流れが現実の世界で狂ってしまったら、アーティストはどうなるのでしょうか?1時間が永遠に伸び、頭の中の声が誰もいない部屋にこだまし始めたら?もし、あなたがモントリオールのクリエイティブ・ビジョナリー、ケビン・バーンズなら、『Freewave Luciferのfck』は起こる。バンドの最新スタジオアルバムの創世記には、孤立と不確かさがつきまとった。

この2、3年の間、ただひたすら頭を働かせて生きてきた経験が、このアルバムに大きな役割を果たしたんだ

とバーンズは語っています。2020年の『UR FUN』では、内臓のスリルとコンサート・ステージのために作られた集中的なポップ・サウンドと対照的に、これらの広がりのある選曲が特徴的である。世界中の無数のミュージシャンがそうであったように、ツアーができないことで、バーンズの創作プロセスの要のひとつが失われた。「またツアーができるかどうかわからないから、そういうことは考えなかったんだ」社会的な交流や多様な経験を否定されたバーンズは、内面を掘り下げた。

バーンズは、音楽において時間がどのように機能するかを熟考し、それに従って実験を行った。これらの新曲は、アイデアが凝縮されているが、繰り返しは少なく、適度な演奏時間にもかかわらず、壮大なスケールを感じさせる。M.C.エッシャーの相対性理論の階段のように、「Marijuana’s A Working Woman」と「Blab Sabbath Lathe of Maiden」の個別のセクションは交差してピボット、感覚を混乱させるが注意を喚起している。

バーンズの言葉遊びから沸き上がるイメージと感情も同様に混乱させるものだ。「Après The Déclassé」では、”Is it important to say black chrome rodents?” とバーンズは問いかけている。自由な連想から生まれたフレーズは、曲の中に導入されると新しい意味を持つようになった。

ある意味、自分の潜在意識とコラボレーションしているようなものです。その瞬間は必ずしも理解していなくても、深く個人的なものに感じられるんだ。

「Marijuana’s A Working Woman」は、Zapp や Rick James のような奇妙なファンクと、Alice Anne Baily の19世紀の精神主義へのノードを並列に並べたものだ。「Modern Art Bewilders」はバロック調のサイケデリックな牧歌的な雰囲気とシンセポップの癇癪の間をジグザグに動き、サージェント・ペパーズとゲイリー・ニューマンが同居しているような曲です。その他、リアリズム画家のエドワード・ホッパー、ファンタジー作家のアーシュラ・K・ル・グィン、映画監督のペドロ・アルモドバル、エロチックなイラストレーターの佐伯俊男などからも影響を受けている。

バーンズは、一見無関係に見える素材をコラージュし、刺激的な方法で組み合わせることで新しい意味を見出すことを、彼らの作曲プロセスになぞらえています。「3分間のポップソングを作るのに、特定のテーマを持って作業していたわけではありません。」これは、アルバム・タイトルの意味である「Freewave」の側面とうまく結びついている。バーンズが説明するように、「フリーウェーブとは、荒々しく難解な芸術的表現に対する私の用語です。ルシファーは啓蒙と解明を司る天使。Fuck は物事が本当にうまくいっているとき、あるいは本当にうまくいっていないときに言う言葉だ。

『Freewave Lucifer fck』の創世記の舞台裏で起こっていた他のことについては、バーンズは謎のままにしておくことにしている。「過去には、人々が特定のヘッドスペースに入ることができるように、特定のことを知ることが重要であると感じたことがあった。」今回は違います。「この2、3年は、みんなの精神に重いトリップを与えてしまった。ここには、共感できる普遍的なものがたくさんある。

tracklist:
1.Marijuana’s A Working Woman
2.Ofrenda-Flanger-Ego-à Gogo
3.Blab Sabbath Lathe of Maiden
4.Après Thee Dèclassè
5.Modern Art Bewilders
6.Nightsift
7.Hmmm