UKのインディーロック・バンド The Lounge Society、デビューアルバム『Tired of Liberty』をリリース!

The Lounge Society

UKヘブデンブリッジ出身のインディーロック・バンド The Lounge Society (ザ・ラウンジ・ソサエティー)、デビューアルバム『Tired of Liberty』を Speedy Wunderground から 8/26 リリース!ニューシングル「Blood Money」のミュージックビデオを公開しました。疾走感のあるギターとドラムのモチーフ、噛み付くようなヴォーカル、ポップなエレクトロニクスを取り入れた独自のアート・パンクを展開する Speedy Wunderground の The Lounge Society は、結成して間もない頃からかなりの評判を得てきた。

収録曲「No Driver」のMV公開!

Speedy Wunderground の Dan Carey のスタジオに3度目に戻ってきたヘブデンブリッジの若手バンド The Lounge Society は、今回は、欲望から発想され、共同作業の筋肉記憶によって育てられ、感情の聖なる心によって鼓動し続けるデビューアルバムを作ろうという心構えで、再び登場した。2021年にリリースされたデビューEP『Silk For The Starving』が世界中で絶賛された後 (“The Lounge Society は、世界を足元に置いている” – NME)、バンドはイギリス国内で広範囲にツアーを行い、ヘッドライン公演はソールドアウトとなり、ヨーロッパのフェスティバルステージに初めて足を踏み入れることとなった。この秋、ヘブデンブリッジのバンドは再びツアーに出かけ、待望のデビューアルバム『Tired of Liberty』を引っさげて、キャリア最大のライヴを行うことになった。

収録曲「Upheaval」のMV公開!

2021年11月に2週間にわたって録音された『Tired of Liberty』は、楽器のメルトダウンと時代を超えた青春の驚くほど偏在的なスナップショットである。これは若いイングランドの音であり、明瞭で、激怒し、活気に満ちている。このアルバムを構成する11曲の大半は (Speedy Wunderground 7インチシリーズの一部として始まり、その後再録された「Generation Game」を除く)、その2週間のセッションの直前、または期間中に書かれたものである。

収録曲「No Driver」のライブ映像を公開!

収録曲「Blood Money」のライブ映像を公開!

多くのバンドには珍しく、The Lounge Society は集団的存在として最もよく機能している。中心的なリーダーを持たず、インスピレーションの源から歌詞に至るまで、すべてが共同作業で行われ、個人よりも大きな自給自足の創造的ユニットを作ろうと努力している。『Tired of Liberty』は、権利を奪われた若者の記録とは程遠く、印象的な表現で打倒を目指します。大胆不敵なまでに刺激的なこの作品は、典型的なストーリーテリングと、できるだけ多くの異質な原理を内省的に組み合わせることに成功しています。「Generation Game」と The Lounge Society の間の時間と態度の移り変わりを音で表現しているのです。

マンチェスターのフレンズミーティングハウスで行われた『Tired Of Liberty』のライブ映像が公開!

無数の賛美歌に溢れたこの作品は、まさに本物だ。若いクリエイターのグループが、息を呑むような、アナーキーな熟練した技術で、今を生き、呼吸している真の緊迫感。皮肉にまみれた嘘 (「「Blood Money」)であれ、「Remains」のガチャガチャと音を立てて叫ぶアイロニーであれ、「反自由の文化」に対する The Lounge Society の根深い逆転の発想、人間が人間でなくなるためにするおかしな言い訳は、文化的に関連性があり、反文化的に受け入れるものである。

『Tired of Liberty』ストリーミング

個人的な成長であれ、バンドとしての成熟であれ、あるいはその2つの組み合わせであれ『Tired of Liberty』は、文化的発明の洗礼を受けた4人の若者の姿を巧みに捉えたドキュメントである。結局のところ、デビュー・アルバムは一度きりしかないのだ。

その後に続くものはすべて、そこからの進化に過ぎないのだ – The Lounge Society