サウス・ロンドンのオルタナロック・バンド Moreish Idols、2ndEP『Lock Eyes & Collide』をリリース!

2023.04.09

Moreish Idols

Photo by Ollo Weguelin

サウス・ロンドンの5人組オルタナロック・バンド Moreish Idols (モーリッシュ・アイドル)、セカンドEP『Lock Eyes & Collide』をUKの名門 Speedy Wunderground から 4/28 リリース!Sonic Youth のような不協和音とメロディーを組み合わせた、執拗で不機嫌なノイズポップのニューシングル「Chum」のミュージックビデオを公開しました。一貫性とは過大評価されるものです。特に、物事をぼんやりさせ、粗い部分をすべて滑らかにせず、矛盾しているように見えるものすべてが、それぞれの時間で互いに独自の調和を見出すことを許せば、南ロンドンを拠点とする5人組、Moreish Idols のセカンドEP『Lock Eyes & Collide』のような頭脳的魔法が生まれる。

ニューシングル「Chum」のMV公開!

バンドは新曲「Chum」と、このEPについて以下のように述べています。

「Chum」は僕らの最新シングルで、お腹を空かせたサメに捧げる神聖なものです。この曲は、迷える2人の魂が互いに怒り合うという、ほろ苦い物語です。僕らの新しいEP『Lock Eyes and Collide』は、芸術的アプローチの変化から生まれたものです。個人的な経験や、人生の難題にぶつかったときに人がどう変化するかにもっと焦点を当てる。バンド内の各役割の長所に光を当て、注意深く、脆弱に、私たち一人一人の声を聴く場所を与えようとしました。

この4曲の中で Moreish Idols は、ハイパーメロディックギターのもつれ、独自の議論の余地のない論理で脈打ち、鳴るリズムを扱っています。この15分ほどの間に彼らが何をしているのか、それを定義しようとすれば何日もかかるだろうが、『Lock Eyes & Collide』のレーザーガイドのようなひねりの効いたサウンドに身を任せる方が賢明だろう。

先行シングル「Nocturnal Creatures」のMV公開!

焦点を絞る。彼らは最初の共同作曲セッションのトラックを Dan Carey に渡し、彼は Moreish Idols を自身のレーベル Speedy Wunderground と契約、2022年の夏にレーベルからの最初のリリースであるEP『Float』を制作した (彼らはロックダウン前にセルフリリースの7インチを2枚リリースしていた)。落ち着きがなく、ぎこちなく、ギザギザでリズムが中心となっている『Float』のエネルギッシュな快楽の多くは、彼らが以前にポストパンクに浮気した影響を受けているが、反芻的な「When The River Runs Dry」はより深い宝物が眠っていることを示唆し、不安定で素晴らしい「Speedboat」は Moreish Idol の謎に対する本質的才能について語っている。『Lock Eyes & Collide』は、それとはまったく別のもので、より緩やかなアイデアの集合体であり、グループの未来への明確なヒントである。

収録曲「Between These Ears」のMV公開!

このEPを構成する要素、うっとりするようなトレモロギター、チクチクするようなメロディーの謎、博識なサックスのインプロヴィゼーション、ゆるく柔軟なリズム-は、紙の上ではなくレコードの上で一緒に完璧な意味を持ち、水っぽい、ある瞬間はドメスティック時代の Pavement のようで、次の瞬間田舎くさいカンタベリーシーンのプログレのように聞こえるが、常に、最も Moreish Idols らしくある。

未定義の未来は無限である。『Lock Eyes & Collide』が Moreish Idols の現在を捉えているとしたら、彼らの未来はどうなっているのだろうか。

もし僕らが2枚目のEPで『Float II』を作っただけだったら、人々は「ああ、彼らはそういうことをするバンドなんだ」と思うだろうね。最初のEPでこの奇妙な分身を作ったことがとても嬉しい。今は自分たちがやりたいことは何でもできると思っている。 – Tom Wilson Kellett (ギターボーカル)

Speedy Wunderground と言えば、今年のサマソニで初来日する The Lounge Society は見逃せないと思っていたところに、不意打ち気味に入ってきたのが Moreish Idols のリリース情報。セカンドEPからニューシングル「Chum」を聞いて面食らった。昨今の Squid などの流れを汲みつつも、また何やら新しい化学変化が起きている。

実はここ数ヶ月、1980年代の聖子ちゃんやEPOなど、この時代の音楽にどっぷりと浸かっていたのですが、Moreish Idols のまだ上手く摑み取れないサウンドを聞いていて自然に再びインディーロックの世界に戻されたような気がします。そんな何だか良く分からない淡い期待と、何か始まっちゃってるサウンドをビシビシと感じます。

そして彼らの新曲を何回もリピっていると淡い期待は確信に変わりました。このバンド、今のところ2023年イチバンの衝撃ではないでしょうか。最初は面食らった程度に感じていたのですが、実は気付かなかっただけで、鈍器でぶん殴られていたのかもしれません。

『Lock Eyes & Collide』ストリーミング

アーティなポストパンクジャム – Stereogum

抜け目のないメロディタッチに恵まれたバンドは、これをシュールな言葉遊びと融合させ、非の打ち所のないコーラスへと構築していく。 – CLASH

Moreish Idols は、この歪んだ曲の中で、美しく流れるような楽しさの瞬間から、ガチャガチャとしたノイズの山へと、私たちを巧みに導いてくれる。 – Beats Per Minute

新たなバンガー…エキサイティングなリリースの連続を約束する – Dork

tracklist:
1. Nocturnal Creatures
2. Between These Ears
3. Green Light
4. Chum

関連記事
イベント情報
  • Porter Robinson SMILE! :D World Tour 日本公演

  • Turnstile (ターンスタイル) の東京/大阪公演

  • ジルベルト・ジル「アケリ・アブラッソ・ジャパンツアー 2024」の開催が決定!

  • Sasha Alex Sloan 来日公演

  • Diane Birch (ダイアン・バーチ) 来日公演

  • Overmono 来日公演「PURE DEVOTION TOUR 2024」開催決定!