Cocteau Twins の Elizabeth Fraser 率いる Sun's Signature、5曲入りのデビューEPをリリース!

Photo by Ben Part

Cocteau Twins (コクトー・ツインズ) の Elizabeth Fraser (エリザベス・フレイザー) と、Spiritualized、Echo & the Bunnymen のドラマー Damon Reece (デイモン・リース) から成るデュオ Sun’s Signature が5曲入りのデビューEP『Sun’s Signature』を 7/29 リリース!先行シングル「Golden Air」のビジュアライザーを公開。レコードは、レコード・ストア・デイの 6/18 に8,000枚限定で発売される。

Sun’s Signature は、ボーカリスト Elizabeth Fraser とパーカッショニスト Damon Reece による現在のプロジェクトです。人生と音楽のパートナーである彼らの名を冠したデビューEPは、Partisan Records から2022年にリリースされる。高度に進化しながらも、同時に原始的でもあるこの作品は、人生と音楽を通じた不思議の国のアリスの旅を通して発展した、まったくオリジナルで説得力のある、ジャンルを超えた曲のコレクションです。

収録曲「Underwater」のリリックビデオを公開!

Elizabeth Fraser は、Cocteau Twins や This Mortal Coil の「Song to the Siren」の印象的で壮大なカバーで忘れられない声を持つ彼女は、Massive Attack の先駆的な『Mezzanine』のアルバム、特に彼らの最大のヒット曲「Teardrop」へのボーカル参加で国際的に知られています。最近の Mezzanine XXI ワールド・ツアーでは、この楽曲をライブで再演し、破壊的な効果を上げている。また、Jonsi (Sigur Ros) の「Cannibal」、Sam Lee の「The Moon Shines Bright」、実験的エレクトロニクスの巨匠 Oneohtrix Point Never の「Tales From The Trash Stratum」など様々なプロジェクトに声を提供している。

収録曲「Apples」の試聴が開始!

政治的アートロックの巨人 Massive Attack で長年ドラマーとして活躍したデイモンは、90年代をSpiritualized、Echo & the Bunnymen のメンバーとして過ごした。また、Baxter Dury、Goldfrapp、The Flies、Butch Vig’s 5 Billion in Diamonds、さらには名バイオリニストの Nigel Kennedy とも録音・演奏している。創造性豊かなドラマーであるデイモンは、あらゆる音楽を生み出すマルチな才能の持ち主でもあり、さらにこのEPの大部分ではエンジニアリングを担当している。

これらの豊かな芸術的冒険は、Sun’s Signature の挑戦と並行して、穏やかに身ごもり、発酵してきました。デイモンは、「自分たちが探しているものを見つけるために、何度も何度も違う道を歩かなければならなかった」と認めている。完璧主義者であるデイモンは、Sun’s Signature のストーリーを、長い間多くの人に知られてきたことを背景に、存在するための調和のとれた芸術的空間を見つける旅だと考えています。先入観、歴史的背景、時間の経過、文化・生活・世界の変化など、新しいことに踏み出そうとするとき、迷宮のような障壁を形成することがあるのです。