元Goat Girl の Naima Bock、デビューアルバム『Giant Palm』を Sub Pop から 7/1 リリース!

Photo by El Hardwick

元Goat Girl のメンバー Naima Bock (ナイマ・ボック) がデビューアルバム『Giant Palm』をUSインディーの名門 Sub Pop から 7/1 リリース!表題曲の先行シングル「Giant Palm」のミュージックビデオを公開しました。Naima Bock の音楽のルーツは、遠くまで続いている。ブラジル人の父とギリシャ人の母の間にグラストンベリーで生まれたナイマは、幼少期をブラジルで過ごした後、やがてイギリスに戻り、サウスイースト・ロンドンの様々な家に住むようになった。家族でビーチまでドライブしながら聴いていたブラジルのスタンダードナンバーから、彼女自身が取り組んできたヨーロッパの民族音楽、そして今日彼女が興味を持っている考古学の研究、庭師としての仕事、世界の素晴らしいトレイルのウォーキングなど、ナイマの音楽は家族、大地、世代を超えて受け継がれてきた音楽から生まれているのです。

表題曲「Giant Palm」のMV公開!

ナイマのデビューアルバム『Giant Palm』には、彼女の青春時代や家族が定期的に訪れていたブラジルの音楽がふんだんに盛り込まれています。彼女は「パーカッション、メロディー、コード、そして特に歌詞の中にある悲劇と美の詩的な並置」にインスピレーションを得た。15歳になる頃には、ナイマはサウス・イースト・ロンドンの音楽シーンに溶け込み、同じ志を持つ友人たちと一緒に作曲や演奏をするようになりました。これが Goat Girl の結成につながり、彼女は学校の友人たちと一緒にベースを弾きながら歌うバンドで世界中をツアーしました。6年後、ナイマは新しいことに挑戦するために Goat Girl を脱退することを決意。その間に彼女はガーデニングの会社を設立し、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンで考古学の学位を取得した。彼女が冗談で言うように「地面の近くにいるのが好き」だったからだ。この間、彼女は作曲をし、ギターを弾き、ヴァイオリンを習っていた。また、Josh Cohen と彼のレーベル Memorials of Distinction を通じて、プロデューサー兼アレンジャーの Joel Burton を紹介された。Joel Burton は、西洋クラシック音楽、世界の民族音楽、大規模な編曲やオーケストレーションの経験などに興味を持ち始め、最終的に『Giant Palm』に結実することになりました。

収録曲「Every Morning」のビジュアライザーを公開!

ナイマは何年も前から曲作りを続けていましたが、その方向性については全く考えていませんでした。しかし、Joel とのリハーサルや演奏を重ねるうちに、作曲がより具体的なものになり始めました。曲の完成とレコーディングに集中できるようになったのは、ロックダウンの規制が緩和されてからだった。幸運にも、Speedy Wunderground の Dan Carey がロンドン南東部のストリーサムにある予備のスタジオスペースを無償で提供してくれた。レコーディングまでの1ヶ月間、彼らは熟考し、意図的な音楽を作りたいという願望から、大勢の様々なミュージシャンが演奏するためのアレンジを膨らませ、ジョエルはパートを採譜し、シンセやエレクトロニクスの要素を事前に録音しました。30人以上のミュージシャンのスケジュールが決まると、エンジニアのシド・ケンプの協力のもと、広大かつ繊細なアレンジメントに命が吹き込まれました。

収録曲「Toll」のMV公開!

ナイマは、みんなのものである伝統音楽の集合的な声が大好きです。最近では、ロンドン南部のフォーク集団、Broadside Hacks に参加し、そのラインナップを変えながら、この情熱の拠り所を見出しています。彼女はこれらの曲を通してギターとヴァイオリンの演奏を学びましたが、同時にこれらの曲の中に自分の声を見出したのです。しかし、フォークミュージックでは、何かを正確に再現する必要がなくとも、歌うことで様々な形をとることができることを発見したのです。ここでは、彼女の声をユニークなものにする資質を開花させることができた。このことは、彼女の音楽、そしてコミュニティーの感覚やアイデアの共有のすべてに共通している。

何年もかけて書かれたナイマの曲のひとつひとつは、特定の感情のスナップショットであり、ナイマの人生における短い瞬間が大きな全体を構成しているのです。「歌詞は決して変えない」と彼女は言う。「たとえ私がもう共感できないとしても、かつて私が共感したのだから、他の誰かがどこかで共感しているはず」。「Campervan」のユーモア、「Giant Palm 」の穏やかな吐息、「Every Morning」の厳しい自己批判的な正直さのような暗い瞬間、どんな形であれ、それは常にむき出しなのです。

また、楽曲には透明感があり、ナイマはその理由の多くを、楽曲の多くが歩きながら書かれたものであるとしています。彼女は、目的地が決まっていながら遠くまで歩いていく瞑想的で明らかになる性質にインスピレーションを感じているのです。「歩くリズムによって思考がスローダウンすることが、彼女の歌詞の鋭い焦点につながるのだという。スペインの巡礼地カミノ・デ・サンティアゴを何週間も歩き続けた3年間も、イギリスの田園地帯で過ごしたシンプルな時間も、そうだった。