Moaning の Pascal Stevenson がソロ名義のプロジェクト、Fashion Club としてデビューアルバムをリリース!

2022.04.13

Moaning の Pascal Stevenson がソロ名義のプロジェクト、Fashion Club としてデビューアルバムをリリース!

LAのポストパンク・バンド Moaning の Pascal Stevenson が新しいソロ名義のプロジェクト、Fashion Club としてデビューアルバム『Scrutiny』を felte から 6/17 リリース!ニューシングル「Feign For Love」のミュージックビデオを公開しました。本作『Scrutiny』は、道徳と心の複雑な関係、そして権力の構造が検討されない習慣によって自己複製される傾向があることを探求しています。瑞々しく、濃密な音のカーテンを通して、このアルバムは一連の切実な質問を繰り広げる。あなたがあまりにも近くに持っていた嘘は何ですか?あなたは自分の残酷さを正当化できますか?あなたは聴いていますか?

先行シングル「Feign For Love」のMV公開!

スティーヴンソンは、絶賛されたファースト・アルバムを引っ提げて Moaning がヨーロッパ・ツアーに乗り出した2018年末に、『Scrutiny』となる楽曲を書き始めた。毎晩、ライブの観客と直接つながることで、彼女の音楽作りとの関係が再活性化された。ショーの合間、バンドのツアー・バンの後部で、彼女はラップトップで『Scrutiny』のインストゥルメンタルの初期ドラフトをトレースし、彼女の魅力的なソロ・デビューへと開花するものの種を蒔いたのだ。

禁酒してから約1年後の2019年初頭、ロサンゼルスを拠点とするこのミュージシャンは、ツアー中に書いた曲に歌詞を通す作業を開始した。彼女は、深く生成された自己反省の時期の真っ只中にいることに気づいたのです。「常に酩酊のベールをかぶっているわけではないので、自分自身について多くのことを点検する機会に直面します」と彼女は言います。また、執筆の過程で、倫理、責任、自己欺瞞、権力に関する問題、つまり社会的支配のシステムがどれほど深く根を張ることができるかという問題を、より広く考えるきっかけにもなったそうです。

『Scrutiny』を通して、スティーブンソンは、人々がヘゲモニーを解体しているかのように装いながら、ヘゲモニーを強固にする傾向があることについて考察しています。「芸術の世界、そしてより広範な文化の世界では、社会問題を実際に気にかけるのではなく、それを取り巻く道徳を演じている多くの人々に直面します」と、彼女は言います。

インディーロックのような白人が多い業界で黒人として活動していると、人々が自分自身について投影していることや、他の人々にどう接しているかが、彼らが実際に感じていることといかに食い違っているかということに気づきます。

『Scrutiny』の夢のようなアート・ロック・パレットを作りながら、スティーブンソンはシンセサイザーが誕生して間もない頃に活躍したアーティスト、ケイト・ブッシュ、ブライアン・イーノ、そしてワイヤーのコリン・ニューマンなどからインスピレーションを得ている。このアルバムは、ジャネット・ジャクソンの80年代後半のアルバム『コントロール』と『リズム・ネイション1814』におけるジミー・ジャムとテリー・ルイスの触感と素材感のあるプロダクションの影響も反映しています。

明るいシンセサイザーのリードと洞窟のようなベースラインのバランスがとれた「Phantom English」や、無限に広がる空間を思わせるエコーがかかった「Chapel」は、デジタル楽器が身体の奥深くで感じる音に変換されている。また、「Feign For Love」の高くそびえるドラムビートと催眠的なコーラスは、Spellling や Iceage のようなリバーブを多用したアレンジを思い起こさせます。このアルバムの渦巻くようなレイヤーと型破りな楽器の組み合わせは、スティーブンソンが歌詞の中で描く精神の方向転換を指し示しており、音楽の形式がその内容を巧みに表現している。

『Scrutiny』は、スティーブンソンが初めて音楽プロジェクトの主役を務めた作品であり、ソングライター、マルチ・インストゥルメンタリスト、プロデューサーとしての彼女の本領を発揮しています。

私は14歳のときから音楽を作っていますが、この作品までバンドのフロントマンになったことはありません。その裏方的な役割から自分を引き離そうとするのは、最初は居心地が悪かった。まったく違う自分を想像しなければならないのです。自分の中でそれを変えるのは大変なことです。特に、バンドの前座を務める人間はこうでなければならない、というようなことを自分の中で構築している場合はなおさらです。自分を信頼してコントロールすることは、とても気持ちよく、自由なことでした。あるレベルまで自信を持てば、もっと自由になれるんだ。

スティーヴンソンの冒険的なアレンジと心をつかむポップなピークを通して、『Scrutiny』は、心が自分自身を知るようになる方法、つまり、保護的な幻想を取り除き、より大きな同調と明晰さへと楽になる方法を追い、聴く人に同じことを追求するよう勧めているのである。 – text by Sasha Geffen

関連記事
イベント情報
  • Sasha Alex Sloan 来日公演

  • Conan Gray (コナン・グレイ) 来日公演2024

  • Porter Robinson SMILE! :D World Tour 日本公演

  • The Last Dinner Party 単独公演

  • NewJeans 初の単独公演「Bunnies Camp 2024 Tokyo Dome」

  • USインディーロック・バンド Real Estate の来日公演が決定!