トルコ出身の音の写真家 Isik Kural、ニューアルバム『in february』をリリース!

Photo by Matthew Arthur Williams

ブルックリンの名門 RVNG Intl. が新たにサインした、トルコ・イスタンブール出身で現在はグラスゴーを拠点に活動しているアンビエント・ポップのアーティスト Isik Kural (イシク・クラル) がニューアルバム『in february』を 3/25 リリース!Isik Kural は、音の写真家のように、人生の時間性を表すスナップショットのように、過ぎ去る時間と戻ってくる時間を記録している。このアルバムの12曲は、それぞれ偶然のループから構成され、イシクの印象的な声とメロディープレーの柔らかい容器に収められ、時間は、希望的に、不可能的に、永遠に保持されています。

先行シングル「film festival」のMV公開!

イスタンブールに生まれたイシクは、マイアミ大学で音楽工学を学び、ニューヨークに降り立った後、グラスゴーでサウンドデザインの修士号とオーディオビジュアル制作に没頭することになる。このように様々なプロジェクトや都市の間を行き来しながら、同時にアーティストの内部では、日常の輝きの中にある世界のビジョンによってもたらされる声が大きくなっていました。この声は、イタリアのレーベル Almost Halloween Records のカセットコレクションである2019年の『As Flurries』の歌詞と楽器の波で表現された。

『in february』の目に見えない細部が初めて露呈したのは、2019年にイスタンブールに一時帰国したときのことだった。古巣のババジム・レコーディング・スタジオでセッションの手伝いをしていたイシクは、「一音に触れるだけでメロディが聞こえる」ような美しいピアノに出くわした。そのピアノを即興でいじった録音をループさせたものが、イシックのニューアルバムのタイトルにもなっている「pillow of a thought(思考の枕)」である。過ぎ去る概念、イメージ、瞬間のためのベッド。

収録曲「paperhat」のMV公開!

この斬新な制作方法を採用したイシクは、予期せぬ録音をループさせた3分を超えない12のパッセージを制作した。これまでの創造的な探求に影響を与えた作曲計画やライブ・パフォーマンスの性向を捨て、イシクはより即効性のある効果を追求した。ナイロン弦のリフレイン、軽快なシンセサイザーのハミング、室内リサイタルの断片が、グラスゴー周辺で撮影された詩や共感覚のディテールとコラージュされ、Green Door Studios で活性化されます。

spefy をフィーチャーした「coral gables」のMV公開!

また、文学的なイメージも『in february』の感覚に添えられ、これらの螺旋状のスタジオとフィールドのドキュメントを通して放浪のシンボリズムを織り込んでいます。アルバムの中心となる「lo si aspetta」と「che si aspetta」は、ピエル・パオロ・パソリーニの「砂の長い道」の一節にちなんだタイトルです。この約束には、他の言葉の作品も結ばれている。トルコの詩人グルテン・アキンの詩は、天候と失われた友情を結びつけ、2月にリリースされたボーカリスト、ステファニー・ロクサーヌ・ウォード(pka spefy)との3つのコラボレーションのうちの1つ「yeniden」では、アン・カーソンのソフォクレス訳と出会っています。

『in february』ストリーミング

イシクは、『in february』の詩、音、写真の流れの間を軽やかに行き来し、共にイメージの軽さと即応性を印象付けています。カメラの瞬きや両手のブラシのように素早く通り過ぎるが、これらの作品の簡潔さを当然と考えるべきではない。それらは精巧なディテールで互いにささやき合い、愛と憧れの新旧の物語に直感的に紙を張っているのだ。イシクに代わり、このリリースによる収益の一部は、トルコ全土の子どもたちのためにワークショップ、教育訓練プログラム、放課後プログラムを作成・実施する団体 Turkiye Egitim Gonulluleri Vakfi のために役立てられます。

■リリース情報
Artist: Isik Kural
Title: in february
Label: PLANCHA / RVNG Intl.
Cat#: ARTPL-167
Format: CD / Digital
Release Date: 2022.03.25
Price(CD): 2,000 yen + 税
※日本盤ボーナス・トラック1曲(H. Takahashi Remix)収録
※解説・歌詞・対訳付き予定

tracklist:
01. pillow of a thought
02. simdi iki
03. paperhat
04. pineapples and lime
05. hopefullyhopefully
06. coral gables (feat. spefy)
07. lo si aspetta
08. che si aspetta
09. sevdiklerine
10. yeniden (feat. spefy)
11. berceuse (feat. spefy)
12. slippin
13. film festival
14. pillow of a thought (H. Takahashi Remix) [Bonus Track]