LAの宅録アーティスト Jerry Paper、ニューアルバム『Free Time』をリリース!

2022.03.01

Photo by Sandy Honig

ロサンゼルスを拠点に活動するソングライター/プロデューサーの Lucas Nahan による異次元ポップ・プロジェクト Jerry Paper (ジェリー・ペーパー) がニューアルバム『Free Time』を Stones Throw から 4/15 リリース!ニューシングル「Just Say Play」を公開しました。Jerry Paper ことルーカス・ネイサンは毎朝起きると、ふわふわのドレスに身を包み、スタジオに向かい、彼らのフリーキーな変人音楽家として絶対的なジャムをするために一日を過ごす。ルールはひとつ “自問自答はしないこと!” そのクリエイティブなプロセスから生まれたのが、シンセポップ、ヘンテコロック、ビザロミューザックの傑作である。『Free Time』は、ノンバイナリーアーティスト、グルーバー、そして最も重要なケツのシェイカーとしての自分探しの旅における自由を表現したものです。

収録曲「Just Say Play」のMV公開!

Jerry Paper が「フリータイムで*プレイ*してください」と言うのは、文字通りの意味です…一度でいいから遊びまくって、楽しんでほしいのです!『Free Time』で、Jerry Paper は私たちを彼らのファンハウス版宇宙船エンタープライズ号に乗せるよう誘っています。この船の第一指令は自己受容で、外部と内部からの判断を排除し、自分の過ちを許し、創造性の源泉がある自分の内面の世界の深宇宙へ大胆に行くことを学びます。アルバムの終わりには、ネイサンは宇宙船に着陸し、船から降り、(文字通り、そして比喩的に)自分自身を本当の自分として受け入れる。以下ネイサンの言葉です。

先行シングル「Know Me」のMV

自分自身を知るということはどういうことなのか、そしてそれが世間から誤解されることに対してどう向き合うのかを考えながら、『Kno Me』を書きました。私は、親しい人たち(愚かにも、知らない人たちにも!)に知られ、理解されたいという気持ちが強すぎて、その過程で自分自身を見失い、多くの時間を浪費してきたのです。

『Free Time』ストリーミング

ノンバイナリーをカミングアウトすることは、自分自身を深く知るための大きな方法でした。逆説的ですが、それを世界と共有することで、人々が私をどう見ているかということが気にならなくなりました。私は自分自身をより包括的に理解することができ、それを奪うものは何もないのです。この曲のイメージは、初めてドレスを着て外に出て用事を済ませた日に由来しています。

私は自分を中心に置くために、誰かに会うたびに頭の中で「くそったれ、私のことなんか知らないくせに」と繰り返していました。やがて、ほとんどの人が私のことを全く気にしていない、あるいは気にしていないことに気づき、笑えると同時に、とても良い気分で自由になれました!

人生に悩んでる?そんなあなたには、Jerry Paper のシンプルな処方箋があります。毎日、Free (play) Time を一杯飲んで、(1)お尻を一回振るだけの簡単な食事です!

関連記事
イベント情報
  • ANNE-MARIE (アン・マリー) 来日公演

  • FUJI ROCK FESTIVAL '24

  • Bruno Major Japan Tour 2024

  • Iron Maiden (アイアン・メイデン) 来日公演

  • Turnstile (ターンスタイル) の東京/大阪公演

  • カナダの新星 Tate McRae (テイト・マクレー) の初来日公演が決定!