ODESZA、約5年ぶりのニューアルバム『The Last Goodbye』を 7/22 リリース!

ODESZA、約5年ぶりのニューアルバム『The Last Goodbye』を 7/22 リリース!

グラミー賞にノミネートされたデュオ ODESZA、約5年ぶりのニューアルバム『The Last Goodbye』を Foreign Family Collective/Ninja Tune から 7/22 リリース!表題曲「The Last Goodbye」のミュージックビデオを公開しました。この曲には、ブルース&ソウルシンガーとして高い評価を得ている Bettye LaVette が参加しています。シンフォニックで広大、そして感情を揺さぶる『The Last Goodbye』は、デュオにとってこれまでで最も野心的なアルバムです。

ノスタルジックでありながら、現在に根ざしたこの作品は、つながりと回想のテーマを語る、広大なサウンド体験となります。新しいものと古いものの両方が織り込まれたこのアルバムには、ホームビデオや催眠療法セッション、さらにはデュオの両親の声などの個人的なオーディオクリップが散りばめられ、The Knocks、Bettye LaVette、MARO、Låpsley、Ólafur Arnalds、Julianna Barwick、Izzy Bizu and Charlie Houston が参加しています。これらのコラボレーションは、Leon Bridges、Little Dragon、Regina Spektor、RY X、Naomi Wil dなど、これまでの注目の音楽パートナーとのコラボレーションに続くものです。

The Knocks をフィーチャーした「Love Letter」の試聴が開始!

このアルバムについて、ODESZA は以下のように述べています。

この数年間、自分たちが何者なのか、自分たちがやっていることはどういうことなのか、そして最終的には誰のためにやっているのかを考えることができたんだ。そして、家族や友人が私たちに与えてくれた影響や、私たちがこの人生を歩んでいく中で、どのようにその影響を与え続けたいかということに焦点を当て、インスピレーションを得ることができました。私たちが愛する人たちは私たちと一緒にいて、ある意味、私たちの本質的な一部になっているという事実に、私たちは安らぎを覚えました。本当に「最後のお別れ」はあるのでしょうか?私たちは、そんなことはないと思っています。だから、私たちからあなたへ。ラスト・グッドバイ、アルバム

収録曲「Behind The Sun」のMV公開!

ダイナミックでエモーショナルなヴォーカル・リフレインとオーケストラ・シンセをフィーチャーしたニューシングル「Love Letter (feat. The Knocks)」は、ビルボードで “なめらかで推進力のあるスタナー”、ワンダーランドで “パワフル” と評価された前作シングル「The Last Goodbye (feat. Bettye LaVette)」、ノーションで “春にぴったりの高揚感を感じさせるトラック” とされた「Better Now (feat. MARO)」と並ぶものです。また、Apple Music 1の Zane Lowe、BBC Radio 1 の Pete Tong、Danny Howard、Sian Eleri、KISS Dance、Capital Dance といったラジオ局からも幅広く支持されています。

「Love Letter」で ODESZA とコラボした The Knocks は次のように語っている。

この曲は、とてもワイルドな曲なんだ。この曲は5年前に作られ、ODESZA が最終形に仕上げるまで何度もバージョンを変えてきたんだ。この曲には何か特別なものがあるとずっと思っていたんだ。 この曲は、私たちが何度も見直して、悔しい思いをしたアイデアのひとつです。なぜなら、この曲が素晴らしいことは分かっていても、完全に正しい形にすることができなかったからです。

あるフェスティバルのバックステージで、お互いのファンだった ODESZA と出会い、一緒に曲を作ろうという話になった。オリジナルのアイデアを何度も出し合ったよ。彼らは「Love Letter」を気に入ってくれて、リモートで作業することになったんだ。1年ほど経って再会したとき、彼らは「自分たちの考えがまとまっていない」と言ったので、また振り出しに戻ることになったんだ。ところがある日、彼らから突然「解読できたよ!」というメールが届きました。この新しいバージョンは、私たちの度肝を抜き、ようやく本来の居場所を見つけたという感じでした。

ODESZA は、3年ぶりとなるライブ “The Return” を発表し、地元シアトルの Pledge Climate Arena で7月29日から31日の3日間、ソールドアウトのライブを行うことを発表しています。