グラスゴーの6人組ポストパンク・バンド Kaputt、ニューシングル「Gone West」をリリース!

2021.11.24

Kaputt

スコットランド・グラスゴーのポストパンク・バンド Kaputt がニューシングル「Gone West」をリリース!6人組の Kaputt は、ギターとボーカルの Cal Donnelly、ギターの Curtis Halling、そして Chrissy Barnacle がボーカルとサックスを担当しています。ベースは Tobias Carmichael、ドラムとパーカッションはそれぞれ Rikki Will と Emma Smith が担当しています。

サックスのブレイク、ドラムのフィジター、ギターのリフレッジが織り成す落ち着きのない騒動は、絶えず潮の流れに逆らって泳いでいます。Kaputt の Cal Donnelly は新曲について以下のように述べています。

「Gone West」は、産業と富裕層の生活水準が衝突したときの、豊かさの移動についてです。煙は東に吹き、金は西に移動する。

キャッチーなリフが軽快に鳴り響き、サックスの音とリズムがタイミングよく重なって、曲を盛り上げていきます。ヴォーカルが飛び跳ね、ギターが威勢よく、そして常にサックスが蛇行し、不規則なビートの中を催眠術のように引き込まれていきます。彼らの熱狂的な騒動の中には、楽しさが溢れていますが、同時に深く考えさせられるようなグルーヴや、優れた叙情的な問題も明らかになっています。

関連記事
イベント情報
  • Diane Birch (ダイアン・バーチ) 来日公演

  • Bruno Major Japan Tour 2024

  • Porter Robinson SMILE! :D World Tour 日本公演

  • Yes (イエス) デビュー55周年記念公演の開催が決定!

  • 新世代ギター・ヒーロー INTERVALS の来日公演が決定!

  • Iron Maiden (アイアン・メイデン) 来日公演