Spiritualized、ニューアルバム『Everything Was Beautiful』を来年 2/25 リリース!

ジェイソン・ピアース率いるUKのスペースロック・バンド Spiritualized (スピリチュアライズド) がニューアルバム『Everything Was Beautiful』を来年 2/25 リリース!先行シングル「Always Together With You」のミュージックビデオを公開。昨年のロックダウン中、ジェイソン・ピアースこと、J・スペースマンは、世界が「鳥の鳴き声と奇妙さに満ちている」誰もいない「ローマ時代のロンドン」を歩き、当時頭の中で流れていたすべての音楽の意味を理解しようとしていました。彼の新譜のミキサーとミックスはまだうまくいっていなかった。スペースマンは『Everything Was Beautiful』で16種類の楽器を演奏していますが、この作品は11のスタジオと彼の自宅で制作されました。

また、30人以上のミュージシャンやシンガーを起用しており、その中には娘のポピー、長年のコラボレーターで友人のジョン・コクソン、ストリングスやブラスセクション、聖歌隊、ホワイトチャペルのベルファウンドリーのフィンガーベルやチャイムなども含まれています。最終的にはミックスが完成し、『Everything Was Beautiful』が実現しました。その結果、『Ladies & Gentlemen, We Are Floating In Space』がリリースされた1998年の『Live At The Albert Hall』以来、Spiritualized がリリースしたレコーディングの中で、最も「ライブ」なサウンドが実現しました。