Hiatus Kaiyote、ニューシングル「Everything’s Beautiful」で2024年の幕開けを告げる

記事には広告を含む

未来型ソウル・バンド Hiatus Kaiyote がニューシングル「Everything’s Beautiful」で2024年の幕開けを告げる。この曲はバンドにとって2年ぶりの新曲であり、近々発表されるプロジェクトの初期段階を感じさせる。「Everything’s Beautiful」は、人生の無限の可能性を祝福する音楽的肯定である。Mario Caldato Jr. (Beastie Boys, Björk, Blur, Beck) がミックスしたこの希望に満ちたシングルは、ギターの美しいリリックとフューチャー・ソウル・コレクティブの特徴的なベース・サウンドに満ちており、Nai Palm のみずみずしいヴォーカルを難なく導いている。この曲について、Nai Palm は次のように語る。

「Everything’s Beautiful」は、1日の中でシンプルな喜びを見つけることの大切さを歌っている。私にとっての幸せな場所は、ヘッドフォンを持って世界を探索しながら歩くこと。私の書く曲のほとんどがそうであるように、複雑で深い哲学的な意味はなく、とてもシンプルなものを書きたかった。ある日、ニューヨークでマネージャーの Scott Barkham のソファで昼寝をしている夢の中で、ボーカルのメロディとベース・リフを書いた。当初、夢のフックはベリー・ストリート・ビューティフルだったんだけど、バンドともっと練り上げていくうちに歌詞を変えたんだ。この地球上でユートピアに住んでいるという妄想ではなく、人生の美しさ、優美さ、喜びを積極的に探すということなんだ。