The Lazy Eyes、待望のデビューアルバム『SongBook』をリリース!

2021.11.02

The Lazy Eyes songbook

オーストラリア・シドニーの4人組サイケロック・バンド The Lazy Eyes が待望のデビューアルバム『SongBook』を 4/22 リリース!ニューシングル「Fuzz Jam」のミュージックビデオを公開しました。デビューアルバム『SongBook』は、それ自体がひとつの世界です。このアルバムは、すべてが旅であり、すべてが目的地であり、気取らない構造でありながら、重要な部分では貴重であるという、明らかに現代的なサイケロックの驚異である。

この曲の風景について、ボーカル/ギタリスト、ハービー・ゲラッティーは、プレスリリースで以下のように語っています。

「Fuzz Jam」は、ライブで買ったこの道具(ギタリストのイタイ・サーシャ)を使うために書いたんだ。Hohner Pianet T です。ただ歌うのではなく、もっとハードなトラックを演奏したかったのです。

デビューシングル「Cheesy Love Song」

収録曲「Where’s My Brain???」

Harvey Geraghty、Itay Shachar、Noah Martin の3人は、シドニーの Newtown High School of the Performing Arts で幼少期に出会いました。彼らはすぐに友達になり、シドニーでバスキングをするようになりました。彼らの急成長したバンドは、長い時間をかけて街中で楽器を運ぶことで結ばれました。2015年末、The Lazy Eyesは、バンドを正式なユニットとして結成することを決定しました。この決定は、彼らのアンサンブルに必要なベースを提供してくれる Leon Karagic との出会いと見事に一致しました。

収録曲「Imaginary Girl」のMVを公開!

2020年と2021年にリリースされた2枚のEPをきっかけに、The Lazy Eyes はオーストラリアの東海岸で行われた数々のライブを完売し、彼ら自身が主催する音楽フェスティバル Lazyfest も開催しました。パンデミックの影響で、SXSW や The Great Escape への参加がキャンセルされたにもかかわらず、彼らの評判は高まり続けています。

収録曲「Nobody Taught Me」

収録曲「Starting Over」のMV公開!

『SongBook』は、ゆっくりと形成されていく建築物の証拠であり、バンドがより広い世界へと踏み出すための不安な第一歩です。『SongBook』の最新作であるダイナミックな「Fuzz Jam」は、バンドが最高の状態であることを示しており、1つのモードから別のモードへと瞬時に巧みに移行しています。60年代のサイケデリックな雰囲気と、Z世代の鋭いウィットが融合したこの曲は、オーストラリアで最も才能豊かな4人のミュージシャンの世界を鮮やかに表現しています。一度 The Lazy Eyes の世界に入ると、すぐには帰れなくなるかもしれません。

『SongBook』ストリーミング

本作には、これまでにリリースした2枚のEP『EP1』と『EP2』の中から「Nobody Taught Me」、「Where’s My Brain???」、「Cheesy Love Song」など人気のナンバーに加え全12曲が収録される。またバンドは、来年7月にメルボルンとシドニーで開催される The Strokes の公演に、The Chats と共にゲスト出演が決定している。

収録曲「Fuzz Jam」のライブ映像を公開!

関連記事
イベント情報
  • 新世代ギター・ヒーロー INTERVALS の来日公演が決定!

  • Porter Robinson SMILE! :D World Tour 日本公演

  • Jorja Smith (ジョルジャ・スミス) 来日公演

  • The Last Dinner Party 単独公演

  • LANY 来日公演

  • Charlotte Day Wilson 単独公演が決定!