Connan Mockasin、ニューアルバム『Jassbusters Two』を 11/5 リリース!

サイケ・ポップのカルトアイコン Connan Mockasin (コナン・モカシン) がニューアルバム『Jassbusters Two』を Mexican Summer から 11/5 リリース!先行シングル「Flipping Poles」を公開しました。2018年に発売された『Jassbusters』と同じ虚構の世界から生まれた『Jassbusters Two』は、前作とは対照的に物憂げな雰囲気を醸し出しています。この2枚のアルバムは、モカシン自身が企画・監督・主演を務めた、まだほとんど公開されていない昼間のテレビミニシリーズ『Bost’n ‘n Dobs’n』に登場する、前述の架空の学校教師のバンドによって録音されたもので、あなたの近くの深夜映画館で上映されるかもしれない。

ニューヨークのブルックリンにある Gary’s Electric Studio で録音されたこの作品は、コナンと彼の想像上の音楽教師のバンド (ベースの Nicholas Harsant、ドラムの Matthew Eccles、リズムギターの Infinite Bisous こと Rory McCarthy) が、長いライブテイクの中で、お互いのぼやけたリフの間を縫うようにして自由に演奏しています。「私はバンドのギター教師の役割を果たしていましたが、彼は歌詞を持たないシンガーとして押し出されました。だから、Jassbusters の最初のレコードのように、歌詞は即興でぶちまけられたんだ。

『Jassbusters Two』は、ジャンルを変え、官能的な雰囲気を漂わせながら、Jassbusters と Connan Mockasin の幅広いジャンルを完璧に踏襲しています。このアーティストの遊び心、シュールなキャラクター、即興的なコツを溶かして新しい方向へと広げ、ジャッザーの直感、カントリー・フィンガーピッカーの器用さ、ファンクスターの流れで、切り刻み、かき混ぜ、滑らかにしています。リスナーであれ、プレイヤーであれ、心の教育者であれ、このモカシンの最新作は、ほんの少しだけ仕事を忘れて、Jassのシロップのような無限の世界へと誘ってくれます。コナンは今年の夏に、父親の Ade Mockasin と一緒に作り上げたアルバム『It’s Just Wind』を発表しています。