UKのエクスペリメンタル・ポップ・デュオ Let's Eat Grandma、3rdアルバム『Two Ribbons』をリリース!

Let's Eat Grandma

2018年のフジロックに出演した、UKのエクスペリメンタル・ポップ・デュオ Let’s Eat Grandma (レッツ・イート・グランドマ)、3枚目となるニューアルバム『Two Ribbons』を Transgressive から 4/29 リリース!先行シングル「Hall of Mirrors」のミュージックビデオを公開しました。この曲は、幽玄できらびやかなポップソングで、評価の高いノリッチの二人にとって、歓迎すべき復帰作です。この曲には、El Hardwick が監督した、ぼんやりとした夢のようなMVがついています。メンバーのローザは、この曲とMVについて次のように語っています。

夜の遊園地を舞台にして、強い思いを抱いている女性と一緒にいるときのめまい、激しさ、興奮を表現したいと思いました。また、鏡の間は、私が命を吹き込んだ自分の一部を発見し、探求することのメタファーとして使いました。ある意味では、混乱した難しい感情の中を旅するような、内省的でほとんど秘密めいた曲ですが、「Hall of Mirrors」は、明晰さや自信、そして最終的には喜びを伝える多幸感のある曲にしたいと思いました。

収録曲「Levitation」のMV公開!

本作『Two Ribbons』は、David Wrench と Let’s Eat Grandma の共同プロデュースによる作品です。注目すべきはタイトル曲「Two Ribbons」で、彼らのほとんどインダストリアルなダンスフロア・フィラーとは一線を画す、ゆっくりとしたメランコリックな静寂の時間が流れています。このシングルには、ジェニーが、お互いを思いやることで2人が今でも結びついていることを振り返っていて、少しほころびが出てきて、世界が疲れているにもかかわらず、相変わらずタイトです。「Hall Of Mirrors」は、美しく強烈な瞬間の記憶を描いた、幽玄できらびやかなポップソングです。

表題曲「Two Ribbons」のMV公開!

この3年間、バンドは様々な経験をしてきましたが、『Two Ribbons』は、苦しい時代から抜け出すための、ある種の進歩を示す工芸品です。喪失、変化、そして生存の物語であり、生命の証です。ジェニーとローザの絆の強さは、ファーストアルバムのプロモーションの際に、自分たちを双子のように位置づけたことにも表れています。ジェニーとローザは、幼い頃からの友人であり、10代の頃には壊れないテレパシーのような友情を育んできました。そのような強烈な友情は、他の人たちと同じように波があり、成長するにつれ、2人は自分自身を見出すようになり、ここでは好みが異なり、ここでは反応が異なるようになりました。二人とも少し窮屈な思いをして、二人の関係の中で個人としての自分を表現するための空間を作るために戦わなければならない時期がありました。そうして、パートナーシップが崩れ始めたのです。

収録曲「Happy New Year」のMV公開!

『Two Ribbons』は、二人の間で交わされた一連の手紙として聞くことができ、二人の関係の亀裂を理解しようとする会話の代わりとなっています。それは、カタルシスをもたらす血の浄化であり、人生の気まぐれさについての壊滅的な現実でもあります。このアルバムは、「おばあちゃんを食べよう」のアルバムであることに変わりはありませんが、初めてローザの歌とジェニーの歌が登場します。ローザとジェニーは、『I’m All Ears』の主要プロデューサーである David Wrench とのコラボレーションにより、スタジオで新しいサウンドや多様な楽器を試しながら、このアルバムの制作に深く関わっています。

『Two Ribbons』ストリーミング

このアルバムでは、特にローザが裏方に徹して自分の音を追求し、ジェニーは新しい影響を総合してグループの芸術的な新境地を開拓しようとしました。『Two Ribbons』の背景には、2人の女性が、初めてお互いに舵を取ることなく、多くのことを乗り越えていく姿があります。彼女たちが書き、最終的にお互いに届けた曲は、暗闇の中の小さな光のポケットであり、自分たちがどのように感じ、何を失ったかをお互いに示すための夜の信号です。『Two Ribbons』は、2人の女性の最も親密な感情を表現しながら、2人の女性の異なる視点を受け入れるための微妙なラインを踏んでいるアルバムです。これは始まりでも終わりでもなく、終わりのない輪の一部であると言うアルバムです。自然の中で循環しており、悲しみや痛み、喜びや希望があり、どんな回り道をしても私たちは皆つながっていることを知っています。

tracklist:
1.Happy New Year
2.Levitation
3.Watching You Go
4.Hall of Mirrors
5.Insect Loop
6.Half Light
7.Sunday
8.In the Cemetery
9.Strange Conversations
10.Two Ribbons