Grouper、15年にわたる楽曲のコレクション『Shade』を 10/22 リリース!

Grouper

Photo by Gordon Ashworth

米ポートランド生まれのミュージシャン Liz Harris (リズ・ハリス) こと Grouper (グルーパー)、12枚目のフルアルバムで15年にわたる楽曲のコレクション『Shade』を Kranky から 10/22 リリース!彼女は本作『Shade』を、詩的にも文字通りにも、休息と海岸についてのアルバムだと特徴づけています。風景の中で自分自身をどのように組み立てるか、そしてその風景が自分自身をどのように組み立てるか、記憶や経験が場所とのつながりをマッピングして引き継がれていく。

先行シングル「Unclean mind」を公開!

収録曲「Ode to the blue」のMV公開!

喪失感、欠陥、隠れ場所、愛などについて歌っています。ベイエリアやノースコーストと深いつながりがあり、孤独、美しさ、孤立といった独特のムードがあります。この場所は、川の流れの混沌と力強さ、荒々しい海の嵐、夜道に不意に立ち上る霧の柱によって描写され、変化します。一部は数年前に自作自演のレジデンスでタマルパイス山で録音され、他の作品はもっと前にポートランドで作られ、残りは最近アストリアで行われたセッションで録音されたものです。全体を通して、ハリスは声、不穏な音、ギターの隠された輝きのある言語を紡ぎ出し、広々とした空間と遠くにいるような感覚に縁取られています。

灯台に響くように、人間であることの欠点を、夜の空に投影するものの中に埋めていく。