カナダのシンガーソングライター Patrick Watson、ニューアルバム『Better in the Shade』をリリース!

2022.04.26

カナダ・モントリオールのシンガーソングライター Patrick Watson (パトリック・ワストン)、通算7枚目のスタジオアルバム『Better in the Shade』を Secret City Records から 4/22 リリース!表題曲の先行シングル「Better in the Shade」のミュージックビデオを公開しました。本作は、世界的なパンデミックにもかかわらず、多作なここ数年の後に登場し、パトリックは2019年にリリースした受賞歴のある前作『Wave』に続いて複数の楽曲(A Mermaid in Lisbon, Que reste-t’il de nos amours, Lost with You)をリリースしています。最近では、パトリックはイギリスのロンドンでBBCオーケストラとバービカンで演奏し、ニューヨークの Le Poisson Rouge でヘッドライナーを務めました。

パトリックの言葉を借りれば、この新しいアルバムは「何が現実かわからなくなった世界を交渉するためのもの」だそうです。「このアルバムのために歌詞を改善するために、本当に多くの時間を読書に費やしたんだ」と彼は言う。

Denis Johnson の Jesus’ Son、Virginia Woolf の The Waves、Samanta Schweblin の Fever Dream にとてもインスパイアされたよ。歌詞は、私の頭の中を巡っていた小さな考えを集めたものです。アレンジの音色を再構築するのに懸命に取り組み、音楽に大きな電子的要素を取り入れたんだ。

と彼は言う。

モジュラーシンセを加えることで、他の楽器と同じようにアコースティックで液体のように動く、より暖かく、より感動的なエレクトロニクスへのアプローチを見つけることができたんだ。基本的に、私はこの2年間、新しいものを提供できるよう学校に通いました。このアルバムでは、バー・ブラザーズのアンドリュー・バーがドラムで参加してくれています。

このレコードのために、エリザベス・ペローが素晴らしいアートワークを提供してくれたことは、とても幸運だった。彼女は若くて才能のあるアーティストで、これからたくさん見ることになるのでしょうね。

このニュースは、ファースト・シングル「Height of the Feeling」と共に発表されましたが、パトリックは、「自分の肌に合わないと感じている時に、親密さを羅針盤として使うことについて」と語っています。

僕は時々、自分の拠り所となる愛情がないと悩むことがあるんだ。それが良いことなのか悪いことなのかはわかりません。ラ・フォースのアリエル・エングルと共同執筆できたのは幸運だった。彼女は一緒に仕事をするのがとても楽しい人です。一つのマイクで即興的にテイクを重ね、ずっと一緒に笑っていました。

tracklist:
Better in the Shade
Height of the Feeling
Ode to Vivian
Little Moments
Blue
La La La La La
Stay

関連記事
イベント情報
  • レッド・ホット・チリ・ペッパーズ「The Unlimited Love Tour」東京ドーム2公演

  • JOURNEY (ジャーニー) 来日公演

  • Diana Krall (ダイアナ・クラール) 来日公演

  • God Save The Queen 来日公演 2024

  • SONICMANIA 2024、第1弾アーティスト発表!

  • Iron Maiden (アイアン・メイデン) 来日公演